世の中をポジティブ転換したい情報サイト
  • ポジテン
  • hatenaブックマーク
ユニクロ/GU/ファーストリテイリングのロゴ

ユニクロ・GU/ファストリの業績推移:売上高・利益率・店舗数

FAST RETAILINGの連結決算:通年の売上推移

ファーストリテイリング(ユニクロ/GU)の業績推移:売上高・営業利益・純利益・利益率の推移
年度 売上高・収益
[総店舗数]
営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
1990年
8月期
51億円 0.4億円
[0.8%]
1991年
8月期
71億円 1.4億円
[2.0%]
1992年
8月期
143億円 4.1億円
[2.9%]
1993年
8月期
250億円
[90店舗]
21億円
[8.4%]
9.4億円
[3.8%]
1994年
8月期
333億円
[118店舗]
(フリース販売開始)
32億円
[9.6%]
13億円
[3.9%]
1995年
8月期
486億円
[176店舗]
41億円
[8.4%]
21億円
[4.3%]
1996年
8月期
599億円
[219店舗]
44億円
[7.3%]
23億円
[3.8%]
1997年
8月期
750億円
[276店舗]
52億円
[6.9%]
27億円
[3.6%]
1998年
8月期
831億円
[336店舗]
60億円
[7.2%]
29億円
[3.5%]
1999年
8月期
1110億円
[368店舗]
143億円
[12.9%]
68億円
[6.1%]
2000年
8月期
2289億円
[433店舗]
606億円
[26.5%]
345億円
[15.1%]
2001年
8月期
4185億円
[519店舗]
(イギリスにユニクロ海外初出店)
1020億円
[24.4%]
591億円
[14.1%]
2002年
8月期
3441億円
[585店舗]
504億円
[14.6%]
278億円
[8.1%]
2003年
8月期
3097億円
[622店舗]
(ヒートテック販売開始)
413億円
[13.3%]
209億円
[6.7%]
2004年
8月期
3399億円
[655店舗]
639億円
[18.8%]
313億円
[9.2%]
2005年
8月期
3839億円
[1232店舗]
566億円
[14.7%]
338億円
[8.8%]
2006年
8月期
4488億円
[1431店舗]
(3月 低価格ブランドGU設立)
703億円
[15.7%]
404億円
[9.0%]
2007年
8月期
5252億円
[1828店舗]
649億円
[12.4%]
317億円
[6.0%]
2008年
8月期
5864億円
[1958店舗]
874億円
[14.9%]
435億円
[7.4%]
2009年
8月期
6850億円
[2258店舗]
1086億円
[15.9%]
497億円
[7.3%]
2010年
8月期
8148億円
[2203店舗]
1323億円
[16.2%]
618億円
[7.6%]
2011年
8月期
8203億円
[2088店舗]
1163億円
[14.2%]
543億円
[6.6%]
2012年
8月期
9286億円
[2222店舗]
1264億円
[13.6%]
716億円
[7.7%]
2013年
8月期
1兆1430億円
[2449店舗]
1329億円
[11.6%]
903億円
[7.9%]
2014年
8月期
1兆3829億円
[2753店舗]
1304億円
[9.4%]
745億円
[5.4%]
2015年
8月期
1兆6817億円
[2978店舗]
1644億円
[9.8%]
1100億円
[6.5%]
2016年
8月期
1兆7864億円
[3160店舗]
1272億円
[7.1%]
480億円
[2.7%]
2017年
8月期
1兆8619億円
[3294店舗]
1764億円
[9.5%]
1192億円
[6.4%]
2018年
8月期
2兆1300億円
[3445店舗]
2362億円
[11.1%]
1548億円
[7.3%]
2019年
8月期
2兆2905億円
[3589店舗]
2576億円
[11.2%]
1625億円
[7.1%]
2020年
8月期
2兆88億円
[3630店舗]
1493億円
[7.4%]
903億円
[4.5%]
2021年
8月期
2兆1329億円
[3527店舗]
2490億円
[11.7%]
1698億円
[8.0%]
2022年
8月期
2兆3011億円
[3562店舗]
2973億円
[12.9%]
2733億円
[11.9%]
2023年
8月期
2兆7665億円
[3578店舗]
3810億円
[13.8%]
2962億円
[10.7%]
出所:ファーストリテイリング決算短信有価証券報告書。本決算期は8月末。総店舗数は、国内/海外ユニクロ、GU、セオリー、PLST、コントワー・デ・コトニエ、プリンセス タム タム、J Brand事業など全ブランドの店数。
ファーストリテイリングの1993年から2023年までの営業利益率の平均が12.6%。
  • ファーストリテイリングは、ユニクロやGUなどを傘下にもつアパレル系持株企業。1963年、小郡商事株式会社として山口市で設立。
  • 中核のユニクロ事業は、1984年に1号店を広島にオープンして以降、2023年時点では世界に2434店舗(うち国内800店舗)をもつ。
  • 1990年代以降は赤字なし。バブル崩壊時においても業績への大きな影響はなかった。
  • 2001年、イギリスにユニクロを海外初出店。しかし、海外展開は、すぐ波に乗ったわけではなく、店舗数の縮小もあった。
  • 2006年、若者向けの低価格ブランド「GU(ジーユー)」を設立。ユニクロとの差別化を図り、「安価イメージ」があったユニクロのイメージ転換(高品質路線)を目指す。
  • 2018年、プロテニス選手ロジャー・フェデラーと10年間で約3億ドルのアンバサダー契約。欧米で知名度とブランディング向上を目指す。
  • 2023年、大ヒットした保温肌着「ヒートテック」の累計販売数が15億着を突破。
  • ユニクロは、海外ではシンプルで品質が良く「高級イメージ」がついている。海外事業の利益率が上がっている事が投資家から高評価。
スポンサーリンク

FAST RETAILINGの財政・経営状況

ファースト・リテイリングの財務状況の推移:総資産・純資産・自己資本比率の推移
年度 総資産
[現金・手元資金]
負債総額
[有利子負債]
自己資本・純資産
[自己資本比率(%)]
1995年
8月期
332億円
[154億円]
145億円
[16億円]
187億円
[56.2%]
2000年
8月期
1532億円
[996億円]
868億円
[100億円]
664億円
[43.3%]
2005年
8月期
2728億円
[1210億円]
854億円
[49億円]
1823億円
[66.8%]
2010年
8月期
5072億円
[2004億円]
2193億円
[288億円]
2879億円
[56.3%]
2015年
8月期
1兆1637億円
[3552億円]
3889億円
[380億円]
7748億円
[66.6%]
2020年
8月期
2兆4119億円
[1兆935億円]
1兆4159億円
[4844億円]
9960億円
[41.3%]
2021年
8月期
2兆5099億円
[1兆1777億円]
1兆3477億円
[3826億円]
1兆1622億円
[46.3%]
2022年
8月期
3兆1837億円
[1兆3582億円]
1兆5683億円
[3714億円]
1兆6154億円
[50.7%]
2023年
8月期
3兆3036億円
[9032億円]
1兆4303億円
[2409億円]
1兆8733億円
[56.7%]
  • ファストリの財務問題は一切なし。
  • 2015年以降、海外出店を加速した事や、倉庫自動化に向けた設備投資を進めた事で、比例して有利子負債もやや増加。
  • 2024年1月時点のファーストリテイリングの株式時価総額は11兆3800億円。国内では成長が停滞ぎみだが、海外事業が好調な事が投資家から評価される理由。

FAST RETAILINGの連結社員数と研究開発投資について

ファーストリテイリングの連結従業員数、平均年収、設備投資費、研究開発費の推移
年度 従業員数(連結) 平均年収 設備投資費 研究開発費
1995年 534人 299万円 46億円 特になし
2000年 1266人 585万円 62億円 特になし
2005年 2668人 626万円 116億円 特になし
2010年 11596人 704万円 280億円 特になし
2015年 41646人 769万円 624億円 特になし
2020年 57727人 901万円 827億円 特になし
2023年 59871人 1147万円 1020億円 特になし
  • 1995年の平均年収は299万円。1980年代のバブル期においても平均年収は低く、離職率も高かった模様。
  • 2023年の設備投資費(1020億円)の内訳は、国内ユニクロ事業が236億円、海外ユニクロ事業が333億円、ジーユー事業が87億円、グローバルブランド事業が18億円、システム他が344億円。
  • 出店投資のほか、セルフレジや倉庫自動化への投資を継続中。
スポンサーリンク

収益構造・セグメント別の成績

ファストリの売上内訳:国内ユニクロ、海外ユニクロ、GUの売上高・営業利益率・店舗数の推移
年度 国内ユニクロ 海外ユニクロ GU(ジーユー)
売上高
[営業利益:利益率(%)]
{店舗数}
1995年 486億円
[41億円:8.4%]
{176店舗}
2000年 2289億円
[606億円:26.5%]
{433店舗}
2005年 3653億円
[582億円:15.9%]
{679店舗}
186億円
[-16億円:-8.6%]
{14店舗}
2010年 6055億円
[1295億円:21.4%]
{808店舗}
727億円
[63億円:8.7%]
{136店舗}

{115店舗}

2015年 7801億円
[1172億円:15.0%]
{841店舗}
6036億円
[433億円:7.2%]
{798店舗}
1415億円
[164億円:11.6%]
{319店舗}
2020年 8068億円
[1046億円:13.0%]
{813店舗}
8439億円
[502億円:5.9%]
{1439店舗}
2460億円
[218億円:8.9%]
{436店舗}
2023年 8904億円
[1178億円:13.2%]
{800店舗}
1兆4371億円
[2269億円:15.8%]
{1634店舗}
2952億円
[261億円:8.8%]
{463店舗}
出所:ファーストリテイリング決算短信有価証券報告書。2005年は有価証券報告書提出会社のデータより国内と海外成績を算出。
  • 国内ユニクロ事業は、店舗数が停滞。「頭打ち」状態と結論か。今後は、コスト削減と付加価値製品で勝負。
  • 2023年は、国内よりも海外ユニクロ事業の営業利益率が上がっている。海外では「高級路線」を貫いている事が高い利幅に直結。
  • GUは国内ユニクロと違って店舗数が伸び続けている。商品ラインナップや低価格設定を考えると、ライバルは「しまむら」という事か。
  • ファストリは、ユニクロやGUの他に「Theory(セオリー)」「PLST(プラステ)」「プリンセス タムタム」「コントワー・デ・コトニエ」「J Brand」などグローバルブランド事業をもつ。それらの2023年の売上高は1413億円。全体比5.1%。
スポンサーリンク

国・地域別の販売高成績

【2023年】ユニクロ事業の国・地域別の売上高([]内は全体比)
日本 中国 アジア・豪州 北米 ヨーロッパ
8904億円
[32.2%]
6202億円
[22.4%]
4498億円
[16.3%]
1639億円
[5.9%]
2030億円
[7.3%]
  • 日本市場は停滞ぎみ。代わりに中国を含むアジア諸国が成長を牽引。北米は成長しているがやや苦戦。
  • ブランド品激戦区のヨーロッパで成長しているのが強み。欧州でブランディングを高め、世界展開への相乗効果につなげたい。
  • 2023年、欧州連合(EU)は、環境負荷と脱炭素の観点から、売れ残った衣類廃棄の禁止規制を導入すると発表。環境保護の流れが最終的に衣料品の消費低迷につながると、ユニクロの成長にも影響あるかもしれない。

政情不安定なエリア:韓国とロシアの出店数推移

韓国とロシアのユニクロ店舗数の推移(2019年以降)
2019年 2021年 2023年
韓国 188店舗 134店舗 126店舗
ロシア 37店舗 45店舗 0店舗(全撤退)
出所:ファストリ
  • 2019年7月、日本と韓国の徴用工問題における衝突。韓国の民衆発起で日本不買運動が起こり、それにより韓国ユニクロは赤字転落。撤退が進み、店舗数が激減。しかし、2021年には黒字転換し、2023年には業績が完全回復レベルに。
  • 2022年2月、ロシアのウクライナ侵攻により、ユニクロはロシアから完全撤退を決定。柳井社長は数字に対して忠実な判断をする。
スポンサーリンク
関連記事
最近の投稿
カテゴリー