世の中をポジティブ転換したい情報サイト
  • ポジテン
  • hatenaブックマーク
三菱自動車のロゴ

三菱自動車の販売台数・売上高・営業利益率・純利益の推移

MITSUBISHI MOTORSの連結決算:通年の売上推移

三菱自動車の業績推移:自動車販売台数の推移と売上高・営業利益・純利益・利益率の推移
年度 売上高・収益 営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
1998年 3兆5126億円 559億円
[1.6%]
56億円
[0.2%]
1999年 3兆3349億円 224億円
[0.7%]
-233億円
[-0.7%]
2000年 3兆2767億円 -739億円
[-2.3%]
-2781億円
[-8.5%]
2001年 3兆2007億円 402億円
[1.3%]
113億円
[0.4%]
2002年 3兆8849億円 828億円
[2.1%]
374億円
[1.0%]
2003年 2兆5194億円
[152万台]
(トラック部門を分離)
-969億円
[-3.8%]
-2154億円
[-8.5%]
2004年 2兆1226億円
[131万台]
-1285億円
[-6.1%]
-4747億円
[-22.3%]
2005年 2兆1200億円
[134万台]
67億円
[0.3%]
-921億円
[-4.3%]
2006年 2兆2028億円
[123万台]
402億円
[1.8%]
87億円
[0.4%]
2007年 2兆6821億円
[135万台]
1085億円
[4.0%]
347億円
[1.3%]
2008年 1兆9735億円
[106万台]
39億円
[0.2%]
-548億円
[-2.7%]
2009年 1兆4456億円
[96万台]
139億円
[0.9%]
47億円
[0.3%]
2010年 1兆8284億円
[110万台]
402億円
[2.2%]
156億円
[0.8%]
2011年 1兆8072億円
[100万台]
636億円
[3.5%]
239億円
[1.3%]
2012年 1兆8151億円
[98万台]
673億円
[3.7%]
379億円
[2.1%]
2013年 2兆934億円
[104万台]
1234億円
[5.9%]
1046億円
[5.0%]
2014年 2兆1907億円
[109万台]
1359億円
[6.2%]
1181億円
[5.4%]
2015年 2兆2678億円
[104万台]
1383億円
[6.1%]
725億円
[3.2%]
2016年 1兆9066億円
[92万台]
51億円
[0.2%]
-1985億円
[-10.4%]
2017年 2兆1923億円
[110万台]
982億円
[4.5%]
1076億円
[4.9%]
2018年 2兆5145億円
[124万台]
1118億円
[4.4%]
1328億円
[5.3%]
2019年 2兆2702億円
[112万台]
127億円
[0.6%]
-257億円
[-1.1%]
2020年 1兆4554億円
[80万台]
-953億円
[-6.5%]
-3123億円
[-21.4%]
2021年 2兆389億円
[93万台]
873億円
[4.3%]
740億円
[3.6%]
2022年 2兆4581億円
[83.4万台]
1905億円
[7.7%]
1687億円
[6.9%]
2023年 2兆7895億円
[81.5万台]
1909億円
[6.8%]
1547億円
[5.5%]
出所:三菱自動車。本決算期は3月末。
スポンサーリンク

平均利益率

三菱自動車の1998年から2022年までの営業利益率の平均が1.7%。
資本提携先の日産の1991年から2022年までの営業利益率の平均が4.2%。

会社の動向

  • 三菱自動車工業の設立は1970年。米国クライスラーとの合弁により、三菱重工業から独立して誕生。
  • 三菱は2000年頃から複数のリコール隠しが次々と発覚。その後は経営的に不安定な時期が続く。
  • 2003年、三菱自動車からトラック・バス部門が分社化。独立した「三菱ふそうトラック・バス」は、メルセデス・ベンツグループが経営権を持つ事に。
  • 2004年~2005年の最終赤字は、工場閉鎖や従業員リストラなどに着手した事が主な理由。
  • 2011年の東日本大震災では、被害が少なかった事や、アジアでの販売が好調だった事もあり、営業利益と純利益、共に黒字を確保。
  • 2016年、燃費偽装問題の発覚がきっかけで日産自動車と資本提携。(日産が三菱の株式34%取得)
  • 2019年と2020年の赤字は、工場閉鎖、従業員リストラ費用、コロナ問題などが要因。
スポンサーリンク

MITSUBISHI MOTORSの財政・経営状況

三菱自動車の財務推移:総資産・純資産・自己資本比率の推移
年度 総資産
[現金・手元資金]
負債総額
[有利子負債]
自己資本・純資産
[自己資本比率(%)]
2005年 1兆5575億円
[2480億円]
1兆2889億円
[4477億円]
2686億円
[17.2%]
2010年 1兆3125億円
[3164億円]
1兆645億円
[4113億円]
2480億円
[18.2%]
2015年 1兆4337億円
[4624億円]
7484億円
[271億円]
6853億円
[46.8%]
2020年 1兆8562億円
[4446億円]
1兆3310億円
[4833億円]
5252億円
[27.4%]
2021年 1兆9284億円
[5114億円]
1兆2981億円
[4805億円]
6303億円
[31.5%]
2022年 2兆2015億円
[5959億円]
1兆3711億円
[4283億円]
8304億円
[36.4%]
2023年 2兆4545億円
[6742億円]
1兆4100億円
[4924億円]
1兆444億円
[42.6%]
出所:三菱自動車
  • 2005年と2020年を比較すると、資産規模は1.2倍。あまり変化がない理由は、不正問題の他に、「成長」よりも「継続」という意識が強いため。
  • 2016年に、燃費不正問題がきっかけで日産自動車と資本提携。日産は2370億円を出資して三菱自動車の株式34%を握る。
  • 財務的に言えば、自立で再建できたはずだが、やはり開発コストのかかる自動車業界では「規模」が必要だとして、ルノー日産アライアンスと手を組む事に。
  • 2024年5月時点の三菱自動車の株式時価総額は6800億円。

連結社員数と開発投資について

三菱自動車の全従業員数、平均年収、設備投資費、研究開発費の推移
年度 従業員数(連結) 平均年収 設備投資費 研究開発費
2005年 34911人 566万円 1087億円 450億円
2010年 30709人 593万円 525億円 494億円
2015年 29555人 720万円 690億円 787億円
2020年 30091人 652万円 764億円 1014億円
2023年 936億円 1146億円
出所:三菱自動車
スポンサーリンク

ビッグ3市場の売上台数の推移

三菱自動車の日本、北米、ヨーロッパ、アジアの販売台数の推移
年度 日本/販売台数
[日本シェア(%)]
北米/販売台数 欧州/販売台数
[欧州シェア(%)]
アジア/販売台数
2015年 10.2万台
[2.0%]
13.5万台 20.6万台
[1.5%]
32.2万台
2016年 8.0万台
[1.6%]
13.8万台 17.9万台
[1.2%]
31.5万台
2017年 9.7万台
[1.8%]
15.5万台 19.3万台
[1.2%]
43.2万台
2018年 10万台
[1.9%]
17.3万台 23.6万台
[1.5%]
48.0万台
2019年 9.4万台
[1.9%]
16.0万台 21.5万台
[1.4%]
43.3万台
2020年 7.3万台
[1.6%]
11.3万台 14.4万台
[1.2%]
29.4万台
2021年 7.5万台
[1.8%]
15.6万台 13.1万台
[1.1%]
33.1万台
2022年 9.2万台
[2.1%]
13.3万台 6.1万台
[0.5%]
31.0万台
2023年 11.1万台
[2.3%]
16.3万台 5.9万台
[0.6%]
26.2万台
出所:三菱自動車。アジアの販売台数は日本を除いたデータ。
  • 三菱自動車の日本市場シェアは2%程度。日本の自動車メーカーの中で、三菱は最も国内シェアが低い。
  • 三菱の生産台数の約半分が日本生産。国内で販売する以外は主に北米やヨーロッパへの輸出が中心。
  • 日本では「デリカ」「eKワゴン」などが売れ筋。
  • 北米市場は三菱のグローバル販売台数の15%前後。アメリカには三菱車を好む一定のファンがいるとされる。
  • ヨーロッパ市場への販売台数は低下傾向。これは、欧州の自動車市場の規模が縮小している事も要因の一つ。
  • 生産工場があるフィリピン、タイ、インドネシア、ベトナムなどでは高いシェア。SUVが売れ筋。東南アジアでは人気ブランドとなっている。

バッテリーEV戦略

  • 三菱のEVは、資本関係がある日産と共同開発。日産は「日産リーフ」でEV開発の実績あり。
  • 電気自動車で最もコストがかかる車載バッテリーは、日産と共同調達。大量購入により調達コスト削減。
  • 日産/三菱の車載電池サプライヤーは、ビークルエナジー、エンビジョンAESC(80%が中国資本で残り20%が日産保有)、パナソニック、GSユアサ、中国CATLなど。
  • 電気自動車は小型車に注力。軽自動車とほぼ同じ大きさのEVラインナップを増やす見込み。
スポンサーリンク
関連記事
人気ページ
最近の投稿
カテゴリー