世の中をポジティブ転換したい情報サイト

三菱自動車の販売台数・売上高・営業利益率・純利益の推移

業績推移, 自動車

三菱自動車のロゴ

MITSUBISHI MOTORSの決算(通年)の売上推移

三菱自動車の販売台数の推移と売上高・営業利益・純利益・利益率の業績推移
年度 売上高・収益 営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
2004年 2兆1226億円
[131万台]
-1285億円(赤字)
[-6.1%]
-4747億円(赤字)
[-22.3%]
2005年 2兆1200億円
[134万台]
67億円
[0.3%]
-921億円(赤字)
[-4.3%]
2006年 2兆2028億円
[123万台]
402億円
[1.8%]
87億円
[0.4%]
2007年 2兆6821億円
[135万台]
1085億円
[4.0%]
347億円
[1.3%]
2008年 1兆9735億円
[106万台]
39億円
[0.2%]
-548億円(赤字)
[-2.7%]
2009年 1兆4456億円
[96万台]
139億円
[0.9%]
47億円
[0.3%]
2010年 1兆8284億円
[110万台]
402億円
[2.2%]
156億円
[0.8%]
2011年 1兆8072億円
[100万台]
636億円
[3.5%]
239億円
[1.3%]
2012年 1兆8151億円
[98万台]
673億円
[3.7%]
379億円
[2.1%]
2013年 2兆934億円
[104万台]
1234億円
[5.9%]
1046億円
[5.0%]
2014年 2兆1907億円
[109万台]
1359億円
[6.2%]
1181億円
[5.4%]
2015年 2兆2678億円
[104万台]
1383億円
[6.1%]
725億円
[3.2%]
2016年 1兆9066億円
[92万台]
51億円
[0.2%]
-1985億円(赤字)
[-10.4%]
2017年 2兆1923億円
[110万台]
982億円
[4.5%]
1076億円
[4.9%]
2018年 2兆5145億円
[124万台]
1118億円
[4.4%]
1328億円
[5.3%]
2019年 2兆2702億円
[112万台]
127億円
[0.6%]
-257億円(赤字)
[-1.1%]
2020年 1兆4554億円
[80万台]
-953億円(赤字)
[-6.5%]
-3123億円(赤字)
[-21.4%]
2021年 2兆389億円
[93万台]
873億円
[4.3%]
740億円
[3.6%]
出所:三菱自動車
  • 三菱は2000年頃から複数のリコール隠しが次々と発覚。その後は経営的に不安定な時期が続く。
  • 2003年、三菱自動車からトラック・バス部門が分社化。独立した「三菱ふそうトラック・バス」は、メルセデス・ベンツグループが経営権を持つ事に。
  • 2004年~2005年の最終赤字は、工場閉鎖や従業員リストラなどに着手した事が主な理由。
  • 2011年の東日本大震災では、被害が少なかった事や、アジアでの販売が好調だった事もあり、営業利益と純利益、共に黒字を確保。
  • アベノミクスが始まった2013年からは営業利益、純利益ともに高い利益率を確保。この時期はほとんどの自動車メーカーは好況だった。
  • 2016年、燃費偽装問題が発覚がきっかけで日産自動車と資本提携。(日産が三菱の株式34%取得)
  • 2019年と2020年の赤字は、工場閉鎖、従業員リストラ費用、コロナ問題などが要因。

MITSUBISHI MOTORSの経営状況

三菱自動車の財務状況の推移(2005年以降)
年度 総資産 負債総額 自己資本・純資産
[自己資本比率(%)]
2005年 1兆5575億円 1兆2889億円 2686億円
[17.2%]
2010年 1兆3125億円 1兆645億円 2480億円
[18.2%]
2015年 1兆4337億円 7484億円 6853億円
[46.8%]
2020年 1兆8562億円 1兆3310億円 5252億円
[27.4%]
2021年 1兆9284億円 1兆2981億円 6303億円
[31.5%]
  • 2005年と2020年を比較すると、資産規模は1.2倍。あまり変化がない理由は「成長」というよりも「継続」という意識が強いため。
  • 2016年に、燃費不正問題がきっかけで日産自動車と資本提携。財務的に言えば、自立で再建できたはずだが、やはり開発コストのかかる自動車業界では「規模」が必要だとして、ルノー日産アライアンスと手を組む事に。

ビッグ3市場の売上台数の推移

三菱自動車の北米、ヨーロッパ、アジアの販売台数の推移
年度 北米/販売台数 欧州/販売台数 アジア/販売台数
2020年 11.3万台 14.4万台 29.4万台
2021年 15.6万台 13.1万台 33.1万台
アジアの販売台数は日本を除いたデータ。
  • 北米市場は三菱のグローバル販売台数の15%前後。ヨーロッパも15%前後。
  • 生産工場があるフィリピン、タイ、インドネシア、ベトナムなどでは高いシェア。SUVが売れ筋。東南アジアでは人気ブランド。

日本市場

日本国内の自動車市場は年間500万台前後。その日本での生産と販売成績。

三菱自動車の世界シェアに対する日本国内の生産台数、販売台数、輸出台数の推移
年度 世界販売台数
[世界シェア(%)]
国内生産台数 日本販売台数
[日本シェア(%)]
輸出台数
2017年 110万台
[1.1%]
58万台 9.7万台
[1.8%]
38万台
2018年 124万台
[1.3%]
66万台 10万台
[1.9%]
42万台
2019年 112万台
[1.2%]
62万台 9.4万台
[1.9%]
36万台
2020年 80万台
[1.0%]
36万台 7.2万台
[1.5%]
15万台
2021年 93万台
[1.1%]
42万台 7.5万台
[1.8%]
24万台
  • 三菱の生産台数の約半分が日本。国内生産台数のうち約15%前後を日本で販売。残りの輸出は北米やヨーロッパが中心。
  • 日本市場シェアは2%程度。日本の自動車メーカーの中で、三菱は最もシェアが低い。
  • 日本では「デリカ」「eKワゴン」などが売れ筋。

バッテリーEV戦略

  • 三菱のEVは「日産リーフ」の実績がある日産と共同開発。
  • 電気自動車で最もコストがかかる車載バッテリーは、日産と共同調達。大量購入により調達コスト削減。
  • 日産の車載電池サプライヤーは、中国資本のエンビジョンAESC、ビークルエナジー、パナソニック、GSユアサ、中国CATLなど。
  • 電気自動車は小型車に注力。軽自動車とほぼ同じ大きさのEVのラインナップを増やす見込み。

EV分野では、中国企業の技術が上がってきているため、今まで以上に激しい競争となる。2度と不正問題→巨額赤字という現象は許されない。

関連記事
最近の投稿
カテゴリー