世の中をポジティブ転換したい情報サイト

BMWの販売台数の推移と売上高・営業利益・純利益・利益率の推移

業績推移, 自動車

BMW

BMWグループの決算(通年)の売上推移

BMWの販売台数の推移と売上高・営業利益・純利益・利益率の業績推移
年度 売上高・収益
[自動車販売台数]
営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
2004年 443.35億ユーロ
(5兆7635億円)
[120万台]
37.74億ユーロ
(4906億円)
[8.5%]
22.22億ユーロ
(2888億円)
[5.0%]
2005年 466.56億ユーロ
[132万台]
37.93億ユーロ
[8.1%]
22.39億ユーロ
[4.8%]
2006年 489.99億ユーロ
[137万台]
43.61億ユーロ
[8.9%]
28.74億ユーロ
[5.9%]
2007年 560.18億ユーロ
[150万台]
38.73億ユーロ
[6.9%]
31.34億ユーロ
[5.6%]
2008年 531.97億ユーロ
[143万台]
3.51億ユーロ
[0.6%]
3.30億ユーロ
[0.6%]
2009年 506.81億ユーロ
[128万台]
4.13億ユーロ
[0.8%]
2.10億ユーロ
[0.4%]
2010年 604.77億ユーロ
[146万台]
48.36億ユーロ
[8.0%]
32.24億ユーロ
[5.3%]
2011年 688.21億ユーロ
[166万台]
80.18億ユーロ
[11.6%]
49.07億ユーロ
[7.1%]
2012年 768.47億ユーロ
[184万台]
83.00億ユーロ
[10.8%]
50.95億ユーロ
[6.6%]
2013年 760.59億ユーロ
[196万台]
79.78億ユーロ
[10.5%]
53.40億ユーロ
[7.0%]
2014年 804.01億ユーロ
[211万台]
91.18億ユーロ
[11.3%]
58.16億ユーロ
[7.2%]
2015年 921.75億ユーロ
[224万台]
95.93億ユーロ
[10.4%]
63.68億ユーロ
[6.9%]
2016年 941.63億ユーロ
[236万台]
93.86億ユーロ
[9.9%]
68.62億ユーロ
[7.3%]
2017年 982.82億ユーロ
[246万台]
98.99億ユーロ
[10.0%]
86.75億ユーロ
[8.8%]
2018年 968.55億ユーロ
[248万台]
89.33億ユーロ
[9.2%]
72.07億ユーロ
[7.4%]
2019年 1042.09億ユーロ
[253万台]
74.11億ユーロ
[7.1%]
49.15億ユーロ
[4.7%]
2020年 989.90億ユーロ
[232万台]
48.30億ユーロ
[4.8%]
37.75億ユーロ
[3.8%]
2021年 1112.39億ユーロ
(14兆4610億円)
[252万台]
134.00億ユーロ
(1兆7420億円)
[12.0%]
124.63億ユーロ
(1兆6201億円)
[11.2%]
出所:BMW Group。1ユーロ=130円で換算。EBIT=営業利益に相当としたデータ。データはBMWグループすべての業績。
  • 営業利益率が8%~10%。自動車メーカーの中でもトップクラス。比較として、トヨタやメルセデス・ベンツは営業利益率8%前後、フォルクスワーゲンが6%前後。
  • リーマンショックやギリシア危機(ユーロ危機)の時期でも赤字知らず。
  • 販売台数の伸びは、中国市場での販売台数が増えている事が大きい。
  • 2021年度のBMWの販売台数が252万台。ベンツが242万台なので、BMWとベンツの生産規模は同じレベル。
BMWグループの財務状況の推移(2010年以降)
年度 総資産 負債総額 自己資本・純資産
[自己資本比率(%)]
2010年 1088.67億ユーロ 857.67億ユーロ 231.00億ユーロ
[21.2%]
2020年 2166.58億ユーロ 1551.38億ユーロ 615.20億ユーロ
[28.4%]
2021年 2295.27億ユーロ
(29兆8385億円)
1543.98億ユーロ
(20兆717億円)
751.32億ユーロ
(9兆7671億円)
[32.7%]
  • 2010年と2020年を比較すると財務は安定に向かっている。
  • 現在のBMWの財務は自動車メーカーの中でも安定している方に入る。

部門別の成績

自動車部門のみの業績推移

BMWの自動車部門のみの売上高・営業利益・利益率の推移
年度 売上高・収益
[自動車販売台数]
営業利益
[営業利益率(%)]
2017年 857.42億ユーロ
(11兆1463億円)
[246万台]
78.88億ユーロ
(1兆254億円)
[9.1%]
2018年 858.46億ユーロ
[248万台]
61.82億ユーロ
[7.2%]
2019年 916.82億ユーロ
[253万台]
44.99億ユーロ
[4.9%]
2020年 808.53億ユーロ
[232万台]
21.62億ユーロ
[2.6%]
2021年 954.76億ユーロ
[252万台]
98.70億ユーロ
[10.3%]

ブランド別の業績

BMWグループのブランド別販売台数の推移
年度 BMW MINI ロールスロイス
2017年 208.9万台 37.1万台 3438台
2018年 211.7万台 36.4万台 4194台
2019年 218.4万台 34.7万台 5100台
2020年 202.8万台 29.2万台 3756台
2021年 221.3万台 30.2万台 5586台

バイク事業の売上

BMWのバイク部門が「BMWモトラッド(BMW Motorrad)」。BMWの二輪事業の業績推移。

BMWのバイク部門の販売台数の推移と売上高・営業利益の推移
年度 売上高・収益
[バイク販売台数]
営業利益
[営業利益率(%)]
2017年 22.72億ユーロ
(2953億円)
[16.4万台]
2.07億ユーロ
(269億円)
[9.1%]
2018年 21.73億ユーロ
[16.5万台]
1.75億ユーロ
[8.0%]
2019年 23.68億ユーロ
[17.5万台]
1.94億ユーロ
[8.1%]
2020年 22.84億ユーロ
[16.9万台]
1.03億ユーロ
[4.5%]
2021年 27.48億ユーロ
[19.2万台]
2.27億ユーロ
[8.2%]
  • BMWのバイク部門も自動車と同じように高級車カテゴリー。
  • 日系メーカーと比較するとBMWの販売台数は少なく、比例して売上規模も少ない。
  • 比較として、日本のバイクメーカーの2020年度の販売台数は、ホンダは1934万台、YAMAHAが505万台、スズキが169万台、Kawasakiが49万台。

金融サービス部門

BMWの販売促進向けの金融サービス部門の成績。

BMWグループの金融サービス部門の売上高・営業利益の推移
年度 売上高・収益 営業利益
[営業利益率(%)]
2017年 275.67億ユーロ
(3兆5837億円)
21.94億ユーロ
(2852億円)
[7.9%]
2018年 277.05億ユーロ 21.72億ユーロ
[7.8%]
2019年 295.98億ユーロ 23.12億ユーロ
[7.8%]
2020年 300.44億ユーロ 17.21億ユーロ
[5.7%]
2021年 328.67億ユーロ 37.01億ユーロ
[11.2%]
  • BMWの総売上高のうち金融部門の売上が約30%を占める。
  • それだけ購入者が自動車ローンを組んでBMWを買っているという事。

巨大市場の成績

ヨーロッパ、アメリカ、中国は、自動車ビッグ3市場。その3つの市場でのBMWの成績。

BMWの欧州・米国・中国の販売台数とシェアの推移
年度 欧州/販売数
[欧州シェア(%)]
中国/販売数
[中国シェア(%)]
米国/販売数
[米国シェア(%)]
2017年 110万台
[7.1%]
59万台
[2.0%]
34万台
[2.0%]
2018年 109万台
[7.0%]
63万台
[2.2%]
35万台
[2.0%]
2019年 104万台
[6.6%]
72万台
[2.8%]
35万台
[2.1%]
2020年 84万台
[7.1%]
77万台
[3.0%]
30万台
[2.1%]
2021年 85万台
[7.3%]
82万台
[3.1%]
36万台
[2.4%]
MINIやロールスロイスを含むBMW全体の自動車販売台数。
  • BMWのお膝元の欧州では、コロナ問題や半導体不足などの要因を除けば安定した売上。
  • 中国ではベンツよりもBMWのほうがシェアが上がってきている。
  • アメリカ市場では販売シェア2%前後で安定。

日本国内販売

日本市場におけるBMWの成績。比較として他のドイツ勢とステランティス、そして高級車カテゴリーのトヨタ・レクサスの成績も確認。

BMW、M・ベンツ、アウディ、レクサスの日本国内の販売台数の推移
メーカー・ブランド 2019年/販売台数
[日本シェア(%)]
2020年/販売台数
[日本シェア(%)]
2021年/販売台数
[日本シェア(%)]
BMWグループ
(MINI含む)
7.0万台
[1.4%]
5.6万台
[1.2%]
5.4万台
[1.3%]
BMW(単体) 4.6万台
[0.9%]
3.5万台
[0.7%]
3.5万台
[0.8%]
(BMW)MINI 2.3万台
[0.4%]
2.0万台
[0.4%]
1.8万台
[0.4%]
M・ベンツ 6.6万台
[1.3%]
5.7万台
[1.2%]
5.1万台
[1.2%]
アウディ 2.4万台
[0.5%]
2.0万台
[0.4%]
2.2万台
[0.5%]
レクサス 6.2万台
[1.2%]
4.9万台
[1.1%]
5.1万台
[1.2%]
  • 日本における輸入車モデル別トップはBMWグループのMINI。2021年度は1.8万台。
  • 輸入車メーカー別で言えば、BMWはベンツを抑えて日本トップシェア。
  • BMW3シリーズが売れ筋。
  • フォルクスワーゲングループのアウディの市場シェアは、BMWやベンツの半分レベル。

バッテリー戦略とEV投資まとめ

  • BMWは2025年までに300億ユーロ(約4兆円)をEV開発に投資。
  • 2023年までに25種類の環境対応の新車種を発売する目標。
  • 25車種のうち半分以上はフルEVとなる予定。残りがハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)。
  • 2025年までに電気自動車の累計販売200万台を目標。

EVの中核はバッテリー。BMWの車載電池の供給先は以下。

  • 中国CATL(長期契約)
  • 韓国サムスンSDI(長期契約)
  • スウェーデンのノースボルト(資本参加し欧州のエネルギー企業を育てる意向)
  • アメリカのソリッドパワー社と提携し全個体電池の開発。

BMWのサプライヤーはひとまず中国CATLがメイン。CATLはヨーロッパ現地にバッテリー工場を建設し、欧州自動車メーカーとの関係を強化。

「中国企業による欧州への巨額直接投資」という時代が変わった感満載の現象。

かつてはBMWのライバルというと、M・ベンツやアウディ、ポルシェなどだったが、EV化に向かう今後は新参のテスラなども脅威に。サプライヤー選びにアレコレ迷っている時間はないというワケ。

なお、BMWは欧州自動車メーカーの中でも、EV化に慎重な考えをもっており、電気自動車だけではなく燃料電池車(FCV)なども提案していく模様。

燃料電池車はトヨタと提携

燃料電池車(FCV)は、水素と酸素の化学反応で発電したエネルギーで走る車の事。BMWとトヨタは、燃料電池車で提携しており、共にその分野で市場をつくっていく方針。

現状、電気自動車には問題点が多いため、EV以外の技術でも脱炭素適応の車を投入していく見込み。「選択肢を広げる」という事。

関連記事
最近の投稿
カテゴリー