世の中をポジティブ転換したい情報サイト

フォルクスワーゲンの販売台数・売上高・営業利益・純利益の推移

業績推移, 自動車

フォルクスワーゲン

Volkswagen Groupの決算(通年)の売上推移

フォルクスワーゲン・グループの販売台数の推移と売上高・営業利益・純利益・利益率の推移
年度 売上高・収益
[世界販売台数]
営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
1999年 751.67億ユーロ
(9兆7717億円)
[492万台]
25.22億ユーロ
(3278億円)
[3.4%]
8.44億ユーロ
(1097億円)
[1.1%]
2000年 855.55億ユーロ
[516万台]
34.69億ユーロ
[4.1%]
20.62億ユーロ
[2.4%]
2001年 885.40億ユーロ
[510万台]
54.24億ユーロ
[6.1%]
29.26億ユーロ
[3.3%]
2002年 869.48億ユーロ
[499万台]
47.61億ユーロ
[5.5%]
25.97億ユーロ
[3.0%]
2003年 848.13億ユーロ
[502万台]
16.05億ユーロ
[1.9%]
10.03億ユーロ
[1.2%]
2004年 889.63億ユーロ
[514万台]
16.20億ユーロ
[1.8%]
7.16億ユーロ
[0.8%]
2005年 939.96億ユーロ
[519万台]
25.38億ユーロ
[2.7%]
11.20億ユーロ
[1.2%]
2006年 1048.75億ユーロ
[572万台]
20.09億ユーロ
[1.9%]
27.50億ユーロ
[2.6%]
2007年 1088.97億ユーロ
[619万台]
61.51億ユーロ
[5.6%]
41.22億ユーロ
[3.8%]
2008年 1138.08億ユーロ
[625万台]
63.33億ユーロ
[5.6%]
46.88億ユーロ
[4.1%]
2009年 1051.87億ユーロ
[633万台]
18.55億ユーロ
[1.8%]
9.11億ユーロ
[0.9%]
2010年 1268.75億ユーロ
[720万台]
71.41億ユーロ
[5.6%]
72.26億ユーロ
[5.7%]
2011年 1593.40億ユーロ
[836万台]
112.70億ユーロ
[7.1%]
154.09億ユーロ
[9.7%]
2012年 1926.79億ユーロ
[927万台]
115.10億ユーロ
[6.0%]
217.16億ユーロ
[11.3%]
2013年 1970.07億ユーロ
[973万台]
116.71億ユーロ
[5.9%]
90.65億ユーロ
[4.6%]
2014年 2024.58億ユーロ
[1013万台]
126.97億ユーロ
[6.3%]
110.68億ユーロ
[5.5%]
2015年 2132.92億ユーロ
[990万台]
-40.69億ユーロ(赤字)
[-1.9%]
-13.61億ユーロ(赤字)
[-0.6%]
2016年 2172.67億ユーロ
[1030万台]
146.23億ユーロ
[6.7%]
51.44億ユーロ
[2.4%]
2017年 2306.82億ユーロ
[1077万台]
138.18億ユーロ
[6.0%]
116.38億ユーロ
[5.0%]
2018年 2358.49億ユーロ
[1090万台]
139.20億ユーロ
[5.9%]
121.53億ユーロ
[5.2%]
2019年 2526.32億ユーロ
[1097万台]
169.60億ユーロ
[6.7%]
140.29億ユーロ
[5.6%]
2020年 2228.84億ユーロ
[930万台]
96.75億ユーロ
[4.8%]
88.24億ユーロ
[3.9%]
2021年 2502.00億ユーロ
(32兆5260億円)
[888万台]
192.75億ユーロ
(2兆5057億円)
[7.7%]
154.28億ユーロ
(2兆56億円)
[6.2%]
出所:Volkswagen Group。日本円表記は1ユーロ=130円で換算。このデータはグループ全体のデータ。
  • 2000年から2020年の間に売上高の規模を2.6倍に伸ばす。
  • アメリカ発金融危機(リーマンショック)やユーロ危機(ギリシア危機)を赤字なしで乗り切る。なお、VWのライバルのトヨタは2008年に4370億円の最終赤字。
  • 2015年を除いて営業利益と純利益、共に赤字なし。
  • 2015年度はディーゼル車の排ガス不正問題が発覚し、最終赤字へ。この排ガス不正関連の費用は2018年まで計上。
  • VWの営業利益率は6%前後。比較として、トヨタやM・ベンツは8%前後、BMWは9~10%ほど。VWの利益率はドイツ勢と比べると若干低い。

Volkswagen Groupの経営状況

フォルクスワーゲン・グループの財務状況の推移(2000年以降)
年度 総資産 負債総額 自己資本・純資産
[自己資本比率(%)]
2000年 1595.82億ユーロ
(20兆7456億円)
1370.48億ユーロ
(17兆8162億円)
225.34億ユーロ
(2兆9294億円)
[14.1%]
2010年 1993.93億ユーロ 1506.81億ユーロ 487.12億ユーロ
[24.4%]
2020年 4971.14億ユーロ 3683.31億ユーロ 1287.83億ユーロ
[25.9%]
2021年 5286.09億ユーロ
(68兆7191億円)
3824.55億ユーロ
(49兆7191億円)
1461.54億ユーロ
(18兆9930億円)
[27.6%]
通年決算期末のデータ。日本円表記は1ユーロ=130円で換算。
  • 2000年から2020年までの間に資産規模が3.1倍に成長。
  • 自動車販売推進目的の金融サービス部門を抱えるため負債総額が多くなる。トヨタやホンダ、日産なども同様。

研究開発費の規模

2020年度138.85億ユーロ(1兆8050億円)
2021年度155.83億ユーロ(2兆257億円)

ブランド別の業績

フォルクスワーゲングループのブランド別の生産台数・売上高・営業利益・利益率(2021年度)
ブランド 生産台数 売上高・収益 営業利益
[営業利益率(%)]
VW(ドイツ) 457万5415台 761.27億ユーロ 25.03億ユーロ
[3.3%]
アウディ(ドイツ) 157万2019台 530.68億ユーロ 55.46億ユーロ
[10.5%]
ランボルギーニ(伊) 8303台
ドゥカティ(伊) 5万9214台
シュコダ
(チェコ)
80万1910台 177.43億ユーロ 10.83億ユーロ
[6.1%]
セアト
(スペイン)
42万3597台 96.14億ユーロ -2.33億ユーロ(赤字)
[-2.4%]
ポルシェ
(ドイツ)
28万3128台 302.89億ユーロ 50.06億ユーロ
[16.5%]
ベントレー
(イギリス)
1万4788台 28.45億ユーロ 3.89億ユーロ
[13.7%]
トレイトン
(ドイツ)
26万8768台
出所:Volkswagen Group
  • 競争が激しい大衆車部門のフォルクスワーゲンやセアトの利益率が悪い。
  • 高級車部門のアウディ、ポルシェ、ベントレーなどの利益率は高い。
  • 業績推移を分析すると、フォルクスワーゲンは大衆車部門のパワーが落ちてきている傾向がある。

3大メーカーと比較

販売台数で、1000万台プレーヤー「ビッグ3」を比較。

フォルクスワーゲン、トヨタ、ルノー・日産・三菱アライアンスの販売台数の推移
年度 VWグループ TOYOTAグループ ルノー日産三菱A
2017年 1074万台 1044万台 1063万台
2018年 1083万台 1060万台 1063万台
2019年 1097万台 1045万台 981万台
2020年 930万台 992万台 779万台
2021年 888万台 1038万台 745万台
  • フォルクスワーゲンは、世界販売台数首位を目標に掲げ、ずっとトヨタを意識してきた経緯がある。
  • 2020年度からトヨタが世界トップとなり、VWグループは2位へ。2021年度はトヨタとの販売台数が150万台の差となっているが、これは半導体不足の問題だけではない。
  • ルノー日産アライアンスは、カルロス・ゴーンの拡大路線から方向転換。ひとまず数量を追わない方向にシフトしたことが販売台数の減少に直結。

3大巨大市場の成績

ヨーロッパ、中国、アメリカは自動車巨大市場。その3つのエリアの成績。

フォルクスワーゲンのヨーロッパ、中国、アメリカの販売台数の推移
年度 ヨーロッパ販売台数
[欧州シェア(%)]
中国販売台数
[中国シェア(%)]
アメリカ販売台数
[米国シェア(%)]
2015年 400万台
[22.9%]
354万台
[14.4%]
60万台
[3.4%]
2016年 406万台
[26.8%]
397万台
[14.2%]
59万台
[3.4%]
2017年 416万台
[26.7%]
419万台
[14.4%]
62万台
[3.6%]
2018年 415万台
[26.6%]
417万台
[15.0%]
63万台
[3.6%]
2019年 386万台
[24.5%]
423万台
[16.4%]
65万台
[3.8%]
2020年 304万台
[25.5%]
380万台
[15.0%]
57万台
[3.9%]
2021年 294万台
[25.0%]
330万台
[12.5%]
64万台
[4.3%]
  • お膝元のヨーロッパでは、およそ新車購入者の4人に1人がVWグループ内の車を購入。
  • FCAとPSAが統合して誕生したステランティスが2021年度の欧州シェア20.2%で業界2位へ。フォルクスワーゲンに接近。
  • 欧州では、トヨタや、韓国勢のヒョンデ(現代)とKIA(起亜)の販売が好調で、VWグループはやや停滞ぎみ。なお、トヨタはハイブリッド車が好調で、ヨーロッパ内販売目標が150万台。シェア約10%が目安。
  • VWグループのグローバル販売台数は中国依存が強かったが、その中国でも販売台数が年々落ちてきている。
  • 一方、トヨタ、ホンダ、日産などの日系メーカーは中国での販売台数が増加傾向。
  • フォルクスワーゲンは、中国やヨーロッパでは強い力をもつが、力強く人口が増えるアメリカ市場での存在感が薄い。

日本市場の成績

アメリカやヨーロッパほどではないが、日本市場も年間500万台前後の新車販売規模をもつそこそこ大きなマーケット。その日本市場においてのVWを含むドイツ勢の輸入車販売成績。比較としてレクサスも確認。

フォルクスワーゲン、ベンツ、BMW、レクサスの国内販売台数の推移
メーカー・ブランド 2019年/販売台数
[日本シェア(%)]
2020年/販売台数
[日本シェア(%)]
2021年/販売台数
[日本シェア(%)]
VW(単体) 4.6万台
[0.9%]
3.6万台
[0.7%]
3.5万台
[0.8%]
アウディ 2.4万台
[0.5%]
2.0万台
[0.4%]
2.2万台
[0.5%]
ポルシェ 7192台
[0.1%]
7284台
[0.1%]
7009台
[0.1%]
M・ベンツ 6.6万台
[1.3%]
5.7万台
[1.2%]
5.1万台
[1.2%]
BMWグループ
(MINI含む)
7.0万台
[1.4%]
5.6万台
[1.2%]
5.4万台
[1.3%]
レクサス 6.2万台
[1.2%]
4.9万台
[1.1%]
5.1万台
[1.2%]
  • 日本で売れるVWのモデルは「Tクロス」、定番の「ゴルフ」「ポロ」など。
  • VWグループ内の高級車ブランド「アウディ」や「ポルシェ」の売上台数も多い。
  • 日本ではBMWグループのMINIが人気。モデル別でいえば日本売上台数トップ。
  • 富裕層にはベンツやBMWが良く売れる。「車はベンツ」と決定している人もちらほら。

バッテリーEV戦略まとめ

業界は電気自動車に向かうとされるが、フォルクスワーゲンのバッテリーEV戦略はいかなるものか。まとめ。

  • 中核部品であるバッテリーは、2030年までにEV500万台に相当する年間240GW時(ギガワット)生産を目標。新車販売の6割をEVにする方針。
  • 2030年までに欧州に電池工場6か所建設。必要な車載電池をできる限り自社生産。
  • バッテリーメーカーのノースボルト(スウェーデン)と提携。EUの安全保障の観点からヨーロッパのエネルギー企業を育てる意向。
  • 生産するバッテリーは基本的に同一規格を採用。大量調達・大量生産でコスト削減。車体への組み込みも簡素化。

電気自動車への変革は、それまでに築いた生産設備やサプライチェーンが大きく変化する事になるが、VWはその変化を受け入れ、積極的投資に向かっている。

ライバルは今までの既存メーカーだけではなく、新参のテスラや中国勢もライバルに。特に依存度が高い中国市場において、中国企業の多額なEV投資に危機感をもった事が、VWの積極的なEV投資につながっている。

関連記事
最近の投稿
カテゴリー