世の中をポジティブ転換したい情報サイト

メルセデス・ベンツの販売台数の推移と売上高・純利益の業績推移

業績推移, 自動車

メルセデス・ベンツのロゴ

Mercedes-Benz Groupの決算(通年)の売上推移

ダイムラー~メルセデス・ベンツ・グループの販売台数の推移と売上高・営業利益・純利益・利益率の業績推移
年度 売上高・収益
[グループ販売台数]
営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
2007年 993.99億ユーロ
[208万台]
87.10億ユーロ
[8.8%]
39.85億ユーロ
[4.0%]
2008年 984.69億ユーロ
[207万台]
27.30億ユーロ
[2.8%]
14.14億ユーロ
[1.4%]
2009年 789.24億ユーロ
[155万台]
-15.13億ユーロ(赤字)
[-1.9%]
-26.44億ユーロ(赤字)
[-3.3%]
2010年 977.61億ユーロ
[189万台]
72.74億ユーロ
[7.4%]
46.74億ユーロ
[4.8%]
2011年 1065.40億ユーロ
[211万台]
87.55億ユーロ
[8.2%]
56.67億ユーロ
[5.3%]
2012年 1142.97億ユーロ
[219万台]
86.15億ユーロ
[7.5%]
60.94億ユーロ
[5.3%]
2013年 1179.81億ユーロ
[235万台]
108.15億ユーロ
[9.2%]
87.20億ユーロ
[7.4%]
2014年 1298.71億ユーロ
[254万台]
107.52億ユーロ
[8.3%]
69.62億ユーロ
[5.4%]
2015年 1494.66億ユーロ
[285万台]
131.86億ユーロ
[8.8%]
84.23億ユーロ
[5.6%]
2016年 1532.61億ユーロ
[299万台]
129.02億ユーロ
[8.4%]
87.84億ユーロ
[5.7%]
2017年 1643.30億ユーロ
[327万台]
146.82億ユーロ
[8.9%]
108.64億ユーロ
[6.6%]
2018年 1673.62億ユーロ
[335万台]
111.32億ユーロ
[6.7%]
75.82億ユーロ
[4.5%]
2019年 1727.45億ユーロ
[334万台]
43.29億ユーロ
[2.5%]
27.09億ユーロ
[1.6%]
2020年 1543.09億ユーロ
[284万台]
66.03億ユーロ
[4.3%]
40.09億ユーロ
[2.6%]
2021年 1679.71億ユーロ
(21兆8362億円)
[275万台]
290.69億ユーロ
(3兆7789億円)
[17.3%]
233.96億ユーロ
(3兆414億円)
[13.9%]
出所:Mercedes-Benz Group。1ユーロ=130円で換算。EBIT=営業利益に相当としたデータ。販売台数は乗用車、商用バン、トラック・バスなどを含むグループ全体のデータ。
  • 2007年に米国クライスラーと別れ、ダイムラー社誕生。
  • 2009年度の赤字はアメリカ金融危機(リーマンショック)の影響。
  • 2010年代の販売台数の増加は、中国を含むアジア地域が牽引。
  • 営業利益率は8%前後。トヨタ自動車と同レベルだが、一台あたりの利益率でいえばベンツのほうが圧倒的に高い。(2倍という話しも)
  • 2020年のコロナ低迷、2021年の半導体不足で大きく販売台数を落とす。
  • 2021年度の営業利益と純利益が異常に高いのは、半導体不足によって自動車販売価格が上昇した事が大きく影響。

Mercedes-Benz Groupの経営状況

メルセデス・ベンツ・グループの財務状況の推移(2000年以降)
年度 総資産 負債総額 自己資本・純資産
[自己資本比率(%)]
2000年 1992.74億ユーロ 1568.65億ユーロ 424.09億ユーロ
[21.3%]
2010年 1358.30億ユーロ 978.77億ユーロ 379.53億ユーロ
[27.9%]
2020年 2857.37億ユーロ 2234.89億 ユーロ 622.48億ユーロ
[21.9%]
2021年 2598.31億ユーロ
(33兆7780億円)
1866.64億ユーロ
(24兆2663億円)
731.67億ユーロ
(9兆5117億円)
[28.2%]
1ユーロ=130円で換算。
  • 2000年と2010年を比較すると資産規模が大きく縮小。これは2007年にクライスラーと離れた事が要因。

種類別の販売台数の推移

ベンツの商品ラインナップ

グループ内のカテゴリー別の販売台数推移
年度 乗用車(高級車) 商用車バン トラック・バス(大型)
2007年 129万台 28万台 50万台
2008年 127万台 28万台 51万台
2009年 109万台 16万台 29万台
2010年 127万台 22万台 39万台
2011年 138万台 26万台 46万台
2012年 145万台 25万台 49万台
2013年 156万台 27万台 51万台
2014年 172万台 29万台 53万台
2015年 200万台 32万台 53万台
2016年 219万台 36万台 44万台
2017年 237万台 40万台 49万台
2018年 238万台 42万台 54万台
2019年 238万台 43万台 52万台
2020年 246万台 37万台
2021年 242万台 45万台
グループ再編により、2020年度から乗用車と商用バンは合計したデータ。

トラック・バス部門の成績

2020年~2021年にかけて、ダイムラーグループから「大型商用車トラック・バス部門」が分離して誕生した「ダイムラートラック社」の成績。大まかな規模を確認。

ダイムラートラック社の業績推移
年度 売上高・収益
[世界販売台数]
営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
2020年 360.13億ユーロ
(4兆6816億円)
[37万台]
4.91億ユーロ
(638億円)
[1.3%]
-1.31億ユーロ(赤字)
(-170億円)
[-0.3%]
2021年 397.64億ユーロ
(5兆1693億円)
[45万台]
33.57億ユーロ
(4364億円)
[8.4%]
23.83億ユーロ
(3097億円)
[5.9%]
傘下のフレートライナー(アメリカ)や三菱ふそう(日本)の業績も含むトラックとバスの合計。

ビッグ3市場のベンツの成績

欧州、中国、アメリカの世界3大自動車市場におけるメルセデスベンツの成績。なお、スマートブランドも含む。

メルセデス・ベンツのヨーロッパ、中国、アメリカの国別・販売台数と市場シェアの推移
年度 ヨーロッパ/販売台数
[欧州シェア(%)]
中国/販売台数
[中国シェア(%)]
アメリカ/販売台数
[米国シェア(%)]
2017年 95万台
[6.1%]
58万台
[2.0%]
33万台
[1.9%]
2018年 93万台
[5.9%]
65万台
[2.3%]
31万台
[1.8%]
2019年 101万台
[6.5%]
69万台
[2.6%]
36万台
[2.1%]
2020年 78万台
[6.5%]
77万台
[3.0%]
32万台
[2.2%]
2021年 67万台
[5.8%]
75万台
[2.8%]
33万台
[2.2%]
  • 高級車カテゴリーのベンツは、世界中で常に一定の需要がある。
  • ヨーロッパではライバルのBMWや、日本のTOYOTA、韓国のヒョンデ・キア(現代起亜)の存在感が上がり、相対的にメルセデスベンツの存在感が停滞ぎみ。
  • 中国市場でベンツはBMWと共に安定した販売台数を確立。
  • アメリカ市場におけるベンツのシェアは2%レベル。日本市場におけるベンツのシェアが1%レベルなので、米国では日本の道路で見かけるベンツの2倍レベルだと考えていい。
  • ドイツ勢はアメリカ市場にあまり力を入れてこなかったため、ベンツだけではなく、VWやBMWにおいてもシェアは低め。

ベンツの日本市場シェア

日本における輸入車の動向。ドイツ3大高級ブランドのM・ベンツ、BMW、アウディの成績。比較としてトヨタの高級ブランド「レクサス」の成績も確認。

日本市場におけるベンツ、BMW、アウディ、レクサスの販売台数の推移
メーカー・ブランド 2019年/販売台数
[日本シェア(%)]
2020年/販売台数
[日本シェア(%)]
2021年/販売台数
[日本シェア(%)]
M・ベンツ 6.6万台
[1.3%]
5.7万台
[1.2%]
5.1万台
[1.2%]
BMW 4.6万台
[0.9%]
3.5万台
[0.7%]
3.5万台
[0.8%]
アウディ 2.4万台
[0.5%]
2.0万台
[0.4%]
2.2万台
[0.5%]
レクサス 6.2万台
[1.2%]
4.9万台
[1.1%]
5.1万台
[1.2%]
  • 高級外車というとメルセデス・ベンツというイメージが長く定着。富裕層には特にベンツが売れる。
  • 日本ではベンツの「Cクラス」が売れ筋。
  • BMWは「3シリーズ」が人気商品。
  • トヨタのレクサスは日本の高級車市場で販売増加傾向。

再編の歴史

  • 1926年~1998年:ダイムラー・ベンツ
  • 1998年~2007年:ダイムラー・クライスラー
  • 2007年~2021年:ダイムラー(米国クライスラーとの離婚により誕生)
  • 2021年~:ダイムラー・トラック(ダイムラーのトラック部門が分離独立し誕生)
  • 2022年2月~:メルセデス・ベンツ・グループ(ダイムラーから社名変更して誕生)

再編が激しい業界で、独自の哲学で存在感を示してきたダイムラーベンツだったが、1998年に米国の名門クライスラーと合併。

世紀の合併と言われ、これにより今までの伝統が変化するのかと思われたが、価値観の違いにより2007年に離婚。社名から「クライスラー」が外れ「ダイムラー社」へ。

2021年度から企業価値を明確にするため乗用車部門とトラック部門を分離。トラック・バス部門は「ダイムラートラック」となり上場。

メインの乗用車部門はダイムラーから「メルセデス・ベンツ・グループ」に社名変更。(2022年2月)

合理性が失われる事はない

乗用車部門と大型トラック・バス部門は、販売顧客、技術、製造形態、資金繰りなど、多くの要素に違いがあり、しかも電気自動車に向かう中、相乗効果は薄れているため、分離しても問題ないとの判断。(当社CEO談)

中国資本化が進む

メルセデス・ベンツグループは、資本的に中国の存在が大きくなっている。まず、メルセデスグループの筆頭株主が中国の吉利グループで9.96%保有(2022年時点)。総額90億ドルを投資して株を買い進めたのだという。

吉利グループは、ボルボ(スウェーデン)を買収した中国企業。他にも以前にBMWグループの株式を買い続けていた歴史あり。

そして、メルセデスベンツグループの株式において、吉利を含む中国資本が全体で20%近くになっているという。

つまり、現状が続けば中国との関係を深めないといけなくなる。ベンツは、バッテリーの供給先などでも中国企業との関係を深めているが、すでに始まっているのかもしれない。

アメリカや日本などと違ってヨーロッパは中国の脅威に対する意識が低かったため、あらゆる分野に中国企業が入り込むようになっている。

バッテリーEV戦略

将来的にガソリン車・ディーゼル車が縮小に向かい、電気自動車への代替に向かうとされる。その変革が起こる中、メルセデス・ベンツのバッテリーEV投資はいかなるものか。

まずバッテリー提携先は以下。

  • CATL(中国)
  • ファラシス・エナジー社(中国)
  • 他にも、欧州企業もサプライヤー入りすると思われる。

そして、2030年までに400億ユーロ(約5兆2000億円)をEVに投資。2030年にもガソリン車をゼロにし、テスラのようなEV専業になる可能性もあるという。

高級車メーカーのベンツが、どのような高級EVをリリースしていくのか、今後に期待。

関連記事
最近の投稿
カテゴリー