世の中をポジティブ転換したい情報サイト
  • ポジテン
  • hatenaブックマーク
AMD

AMDの業績推移:売上高・営業利益率・純利益・財務状況の推移

Advanced Micro Devicesの連結決算:通年の売上推移

AMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)の業績推移:売上高・営業利益・純利益・利益率の推移
年度 売上高・収益 営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
1993年 16.48億ドル 2.82億ドル
[17.1%]
2.08億ドル
[12.6%]
1994年 21.55億ドル 4.69億ドル
[21.8%]
2.71億ドル
[12.6%]
1995年 24.68億ドル
(Windows95発売)
2.22億ドル
[9.0%]
2.16億ドル
[8.8%]
1996年 19.53億ドル -2.53億ドル
[-13.0%]
-0.68億ドル
[-3.5%]
1997年 36.71億ドル 10.58億ドル
[28.2%]
5.22億ドル
[14.2%]
1998年 48.39億ドル 14.11億ドル
[29.2%]
7.53億ドル
[15.6%]
1999年 40.11億ドル 0.72億ドル
[1.8%]
1.10億ドル
[2.7%]
2000年 46.44億ドル 8.88億ドル
[19.1%]
9.83億ドル
[21.2%]
2001年 38.91億ドル -0.58億ドル
[-1.5%]
-0.60億ドル
[-1.5%]
2002年 26.97億ドル -12.25億ドル
[-45.4%]
-13.03億ドル
[-48.3%]
2003年 35.19億ドル 2.33億ドル
[6.6%]
2.74億ドル
[7.8%]
2004年 50.01億ドル 2.22億ドル
[4.4%]
0.91億ドル
[1.8%]
2005年 58.48億ドル 2.32億ドル
[4.0%]
1.65億ドル
[2.8%]
2006年 56.49億ドル -0.47億ドル
[-0.8%]
-1.66億ドル
[-2.9%]
2007年 60.13億ドル -28.65億ドル
[-47.6%]
-33.79億ドル
[-56.2%]
2008年 58.08億ドル -19.55億ドル
[-33.7%]
-30.96億ドル
[-53.3%]
2009年 54.03億ドル
(3月 製造をグローバルファウンドリーズとして分離)
6.64億ドル
[12.3%]
2.93億ドル
[5.4%]
2010年 64.90億ドル 8.48億ドル
[13.0%]
4.71億ドル
[7.3%]
2011年 65.68億ドル 3.68億ドル
[5.6%]
4.91億ドル
[7.5%]
2012年 54.22億ドル -10.56億ドル
[-19.5%]
-11.83億ドル
[-21.8%]
2013年 52.99億ドル 1.03億ドル
[1.9%]
-0.83億ドル
[-1.6%]
2014年 55.06億ドル -1.55億ドル
[-2.8%]
-4.03億ドル
[-7.3%]
2015年 39.91億ドル -4.81億ドル
[-12.1%]
-6.60億ドル
[-16.5%]
2016年 42.72億ドル -3.72億ドル
[-8.7%]
-4.97億ドル
[-11.6%]
2017年 53.29億ドル 2.04億ドル
[3.8%]
0.43億ドル
[0.8%]
2018年 64.75億ドル 4.51億ドル
[6.9%]
3.37億ドル
[5.2%]
2019年 67.31億ドル 6.31億ドル
[9.3%]
3.41億ドル
[5.1%]
2020年 97.63億ドル 13.69億ドル
[14.0%]
24.90億ドル
[25.5%]
2021年 164.34億ドル 36.48億ドル
[22.1%]
31.62億ドル
[19.2%]
2022年 236.01億ドル 12.64億ドル
[5.4%]
13.20億ドル
[5.6%]
2023年 226.80億ドル 4.01億ドル
[1.8%]
8.54億ドル
[3.8%]
出所:AMD。本決算期は12月末。
Windows95が発売された1995年を起点として、2022年度までの営業利益率の平均が0.4%。競合との比較として、1995年から2022年までのインテルの営業利益率の平均が26.3%。
  • アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)の設立は1969年。なお、競合のインテルは1968年設立。
  • AMDの初期事業は、インテルのセカンドソースメーカーだったが、1985年にインテルがDRAMから撤退した事をきっかけに、マイクロプロセッサ技術のセカンドソースを中止したため、AMDは独自で互換プロセッサの開発へと進む。
  • 本格的にパソコンが普及した2000年頃から2017年頃まで、ほとんど売上規模が上がっていない。インテルからシェアを取れなかった時期。
  • 2010年代は、ネット利用の主役がパソコンからスマートフォンに移った事でPC需要が低迷。株価も100億ドル前後をウロウロしていた時期が続いた。
  • 2009年3月に、AMDの半導体製造部門をグローバル・ファウンドリーズ(GF)として分離・独立。製造から撤退。大きな戦略転換。
  • 近年のAMDの業績好調は、高性能で低コストなチップを開発できた事が要因。インテルよりも評価されるようになってきている。
スポンサーリンク

Advanced Micro Devicesの財政・経営状況

AMDの財務状況の推移:総資産・純資産・自己資本比率・有利子負債の推移
年度 総資産
[現金・手元資金]
負債総額
[有利子負債]
自己資本・純資産
[自己資本比率(%)]
1995年 30.31億ドル
[4.91億ドル]
9.31億ドル
[2.72億ドル]
21.00億ドル
[69.3%]
2000年 57.67億ドル
[2.79億ドル]
25.96億ドル
[12.98億ドル]
31.71億ドル
[55.0%]
2005年 72.87億ドル
[17.95億ドル]
39.35億ドル
[13.70億ドル]
33.52億ドル
[46.0%]
2010年 49.64億ドル
[17.89億ドル]
39.51億ドル
[21.62億ドル]
10.13億ドル
[20.4%]
2015年 31.09億ドル
[7.85億ドル]
35.21億ドル
[22.62億ドル]
-4.12億ドル(債務超過)
[-13.3%]
2020年 89.62億ドル
[22.90億ドル]
31.25億ドル
[3.30億ドル]
58.37億ドル
[65.1%]
2021年 124.19億ドル
[36.08億ドル]
49.22億ドル
[3.13億ドル]
74.97億ドル
[60.4%]
2022年 675.80億ドル
[58.55億ドル]
128.30億ドル
[24.67億ドル]
547.50億ドル
[81.0%]
2023年 678.85億ドル
[57.73億ドル]
119.93億ドル
[17.17億ドル]
558.92億ドル
[82.3%]
出所:AMD
  • 2022年に総資産が急増しているが、これは「Xilinx(ザイリンクス)」を株式交換という手法により約500億ドル規模で買収完了した事が要因。
  • AMDは、2009年に製造部門を分社化し、現在は工場を持たないファブレス企業であるため、赤字を出しにくい体質になっている。
  • 優秀な製品ランナップを考慮すると、かつてのような業績不振に陥る事は今のところ考えにくい。

全社員数と研究開発費の推移

AMDの全従業員数、設備投資費、研究開発費の推移
年度 従業員数(連結) 設備投資費 研究開発費
2010年 11100人 特になし 14.05億ドル
2015年 9100人 特になし 9.47億ドル
2020年 12600人 特になし 19.83億ドル
2023年 26000人 特になし 58.72億ドル
出所:AMD
  • ライバルのインテルは、2010年から2020年までに3万人ほど従業員が増加しているが、AMDは横ばい。
  • 2022年度は、ザイリンクス買収完了で従業員が急増。2020年比較で2倍。
  • 製造から撤退しているため、設備投資費用は特にナシ。
  • 研究開発費は、データセンター/AI向け「GPU」の開発に費用がかかっている。
スポンサーリンク

収益構造・セグメント別の成績

AMDの売上内訳:用途別の売上と利益の推移
部門 2020年/売上高
[営業利益:利益率(%)]
2022年/売上高
[営業利益:利益率(%)]
データセンター 16.85億ドル
[1.98億ドル:11.8%]
60.43億ドル
[18.38億ドル:30.4%]
クライアント
(PC向け)
51.89億ドル
[16.08億ドル:31.0%]
62.01億ドル
[11.90億ドル:19.2%]
ゲーミング
(PS/Xbox等)
27.46億ドル
[-1.38億ドル:-5.0%]
68.05億ドル
[9.53億ドル:14.0%]
組み込み 0.15億ドル
[-0.11億ドル:-73.3%]
45.52億ドル
[22.52億ドル:49.5%]
出所:AMD
  • 「データセンター」向けは、業界での評価が高いサーバーCPU「EPYC(エピック)」の売上が中核。
  • 「パソコン」向けは、CPUの「Ryzen(ライゼン)」の売上が中心。ライバルはインテルのCoreシリーズ。
  • 「ゲーミング」部門は、プレステやXboxなどに搭載される半導体の売上。
  • 「組み込み系」は、CPU、GPU、FPGAなどをチップレット技術を利用して組み合わせた製品。セグメント中で最も売上成長率が高い。データセンターやパソコン向けだけではなく、成長分野である自動運転やマシン/ロボットなどにおいても売上を伸ばしたい。

地域別/国別の成績

AMDの国別/地域別の売上高と全体比の推移
国/地域 2016年/売上高
[全体比(%)]
2020年/売上高
[全体比(%)]
2022年/売上高
[全体比(%)]
アメリカ 9.22億ドル
[21.6%]
22.94億ドル
[23.5%]
80.49億ドル
[34.1%]
日本 14.56億ドル
[34.1%]
10.33億ドル
[10.6%]
41.77億ドル
[17.4%]
欧州 1.54億ドル
[3.6%]
11.08億ドル
[11.3%]
17.73億ドル
[7.5%]
中国
(香港含む)
11.53億ドル
[27.0%]
23.29億ドル
[23.9%]
52.07億ドル
[22.1%]
台湾 11.87億ドル
[12.2%]
23.69億ドル
[10.0%]
シンガポール 10.96億ドル
[11.2%]
13.80億ドル
[5.8%]
その他 0.65億ドル
[1.5%]
7.16億ドル
[7.3%]
6.46億ドル
[2.7%]
出所:AMD
  • アメリカへの売上比率が上がっているが、これはGoogle、マイクロソフト、Amazonなどの巨大データセンターをもつメーカーへの売上が貢献。
  • 日本への売上もそこそこ多い。これは車載半導体やSONY向け売上によるものと思われる。
  • 全体的に、巨大データセンター保有企業や、パソコンメーカー、ゲーム機メーカーが存在する国への販売が多い。
  • AMDの売上先データに韓国が含まれていないのは、スマホ以外が弱い事が理由。韓国はスマホとメモリの国。
スポンサーリンク

AMDの強み

  • サーバーCPUでは「EPYC(エピック)プロセッサ」の高評価。ベンチマークスコアでインテル「Xeonプロセッサ」を圧倒する結果も。
  • パソコン向けでも、市場トップのIntelに対して戦えるランナップが揃う。あとは、イメージやブランドの問題。やはり、イメージの世界ではインテルの信頼性が高い。
  • プレイステーションやXboxにおけるゲーム機チップビジネスをもつ。これもかなり大きい。
  • 2020年に、回路構成を変更できる集積回路「FPGA」に強みをもつザイリンクスの買収を発表し、CPU/GPUとFPGAを統合した「組み込み製品」の魅力的なラインナップをもつ。次々と顧客を獲得。

サーバー用CPUで高評価

パソコンやスマートフォンの成長が停滞した現在、成長分野はサーバー/データセンター。

世界のデータセンターの電力消費量は2020年で200TWh(推計)。世界中の電力消費量の2~3%を占めているとされ、これは原発150~180基分の電力量に相当。

つまり、AmazonやGoogle、マイクロソフトなどの巨大データセンターをもつ企業は、爆発的な消費電力と設備投資費を少しでも抑えたいため、必然的に少しでも安くて性能が良い半導体を採用する事になる。

AMDが特に評価されているのは、そのデータセンターで使用されるサーバー用チップ「EPYC(エピック)プロセッサ」。性能面と同時に価格も良い事から、業界では採用する企業が急増中。

インテルは、それまでサーバーCPU市場で90%以上のシェアをもっていたが、ジワジワとAMDの存在感が大きくなっている。

AMDとインテルの中核事業を比較

AMDとインテルの中核部門:データセンターとパソコンの営業利益率を比較
年度 データセンター向け/営業利益率(%) パソコン向け/営業利益率(%)
2020年 インテル:47.3%
AMD:11.8%
インテル:39.0%
AMD:31.0%
2022年 インテル:11.9%
AMD:30.4%
インテル:19.8%
AMD:19.2%
  • 2022年に、データセンター向けビジネスの営業利益率で、AMDはインテルを追い越す。
  • また、パソコン向けでも2022年にインテルとAMDの利益率が同レベルに。
  • この変化は、AMDのチップが市場から評価されている一つの証拠。今後、絶対的だったインテルのブランドが崩れていく可能性あり。「AMD Inside」が当たり前の時代が来るという事か。
スポンサーリンク
関連記事
最近の投稿
カテゴリー