世の中をポジティブ転換したい情報サイト
  • ポジテン
  • hatenaブックマーク
SCREENのロゴ

SCREENの業績推移:売上高・営業利益率・純利益・財務まとめ

SCREENホールディングスの連結決算:通年の売上推移

SCREEN(スクリーン)の業績推移:売上高・営業利益・純利益・利益率まとめ
年度 売上高・収益 営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
1998年 1476億円 -182億円
[-12.4%]
-260億円
[-17.6%]
1999年 1748億円 -46億円
[-2.6%]
70億円
[4.0%]
2000年 2427億円 239億円
[9.8%]
178億円
[7.3%]
2001年 1742億円 1億円
[0.1%]
-189億円
[-10.8%]
2002年 1679億円 32億円
[1.9%]
-34億円
[-2.0%]
2003年 1919億円 96億円
[5.0%]
48億円
[2.5%]
2004年 2693億円 252億円
[9.4%]
144億円
[5.3%]
2005年 2465億円 185億円
[7.5%]
152億円
[6.2%]
2006年 3013億円 305億円
[10.1%]
184億円
[6.1%]
2007年 2798億円 146億円
[5.2%]
45億円
[1.6%]
2008年 2190億円 -45億円
[-2.1%]
-381億円
[-17.4%]
2009年 1641億円 -140億円
[-8.6%]
-80億円
[-4.9%]
2010年 2549億円 268億円
[10.5%]
256億円
[10.0%]
2011年 2500億円 134億円
[5.4%]
46億円
[1.9%]
2012年 1997億円 -48億円
[-2.4%]
-113億円
[-5.7%]
2013年 2359億円 89億円
[3.8%]
54億円
[2.3%]
2014年 2376億円 171億円
[7.2%]
121億円
[5.1%]
2015年 2596億円 235億円
[9.1%]
188億円
[7.2%]
2016年 3002億円 337億円
[11.2%]
241億円
[8.0%]
2017年 3393億円 427億円
[12.6%]
285億円
[8.4%]
2018年 3642億円 296億円
[8.1%]
180億円
[4.9%]
2019年 3232億円 125億円
[3.9%]
501億円
[15.5%]
2020年 3203億円 244億円
[7.6%]
151億円
[4.7%]
2021年 4118億円 612億円
[14.9%]
454億円
[11.0%]
2022年 4608億円 765億円
[16.6%]
575億円
[12.5%]
出所:SCREEN。本決算は3月。
  • 2014年、それまでの「大日本スクリーン製造株式会社」から「SCREENホールディングス」に社名変更。
  • 近年は、半導体関連において台湾TSMC向けや中国メーカー向けの売上が業績を牽引。
  • 半導体やディスプレイ業界のイノベーションが止まると、その製造装置を手掛けるSCREENの業績も停滞してしまう可能性に注意。
  • 1998年から2021年までのSCREENの営業利益率の平均が4.8%。比較として、競合の東京エレクトロンの1999年から2021年までの営業利益率の平均が12.6%。ラムリサーチ(米国)の2000年から2022年までの営業利益率の平均が16.4%。SCREENの利益率は製造装置メーカーの中でも低い。
スポンサーリンク

スクリーンの財政・経営状況

SCREENの財務状況の推移:総資産・純資産・自己資本比率・有利子負債の推移
年度 総資産
[現金・手元資金]
負債総額
[有利子負債]
自己資本・純資産
[自己資本比率(%)]
2000年 3017億円 2327億円 690億円
[22.9%]
2005年 2702億円
[274億円]
1439億円
[476億円]
1263億円
[46.8%]
2010年 2531億円
[399億円]
1660億円
[555億円]
871億円
[34.4%]
2015年 2700億円
[301億円]
1504億円
[396億円]
1196億円
[44.3%]
2020年 3826億円
[627億円]
1743億円
[437億円]
2083億円
[54.5%]
2021年 4593億円
[1330億円]
2116億円
[442億円]
2477億円
[53.9%]
2022年 5628億円
[1756億円]
2629億円
[289億円]
2999億円
[53.3%]
出所:SCREEN
  • 2000年の自己資本比率(22.9%)と比較して、現在は財務が強化されている。
  • 2021年においては、キャッシュ/手元資金が1330億円に対し、有利子負債が442億円の実質無借金経営。
  • 現金が溜まっているのは企業買収を見据えている可能性あり。

全社員数と開発投資について

SCREENの連結従業員数、設備投資費、研究開発費の推移
年度 従業員数(連結) 平均年収 設備投資費 研究開発費
2000年 4715人 62億円 99億円
2005年 4672人 912万円 56億円 132億円
2010年 4732人 709万円 36億円 121億円
2015年 5182人 884万円 63億円 151億円
2020年 5982人 824万円 78億円 215億円
出所:SCREEN
  • 近年の従業員数の増加は、半導体業界においてEUV露光装置による微細化製造が進んだ事や、中国市場が成長した事が大きい。簡単に言えば、半導体市場の拡大で従業員数が増加。

国/地域別の売上高の推移

SCREENの国別・地域別の売上額と全体比率の推移(2007年以降)
国/地域 2007年/売上高
[全体比(%)]
2017年/売上高
[全体比(%)]
2021年/売上高
[全体比(%)]
日本 952億円
[34.0%]
622億円
[18.2%]
750億円
[18.2%]
北米 412億円
[14.7%]
387億円
[11.4%]
486億円
[11.8%]
アジア
オセアニア
1054億円
[37.7%]
2048億円
[60.4%]
2465億円
[59.9%]
ヨーロッパ 256億円
[9.1%]
231億円
[6.8%]
360億円
[8.7%]
その他 122億円
[4.4%]
104億円
[3.1%]
23億円
[0.6%]
出所:SCREEN
  • SCREENの売上は、約8割が日本を含むアジア地域。全体の6割が台湾、中国、韓国などで、アジアメーカーに対しては円建てで取引きしているため、円高/円安といった為替変動の影響は受けにくい。同業の東京エレクトロンなども円建て取引が中心。
  • 世界最大の半導体製造メーカーである台湾TSMCと良好な関係を築いているのは大きい。
  • 韓国向けの輸出はSKハイニックス(メモリメーカー)向けが中心で、サムスン向けはほとんどないとされる。半導体エンジニアの湯之上隆氏によると、サムスンが洗浄装置の内製化に成功した事で、スクリーンからサムスンへの販売がほとんどなくなったのだという。
スポンサーリンク

製品ポートフォリオ

  • 半導体製造装置(ウェーハ洗浄装置、コータ・デベロッパ、熱処理装置、計測装置、検査装置、後工程用露光装置)
  • 液晶&有機ELディスプレイ製造装置、成膜装置
  • プリント基板関連装置(印刷関連機器)
  • 他にも、ICTソリューション、医療関連、エネルギー関連など。

工程別の半導体製造装置シェア

SCREENは半導体関連製品の売上規模が大きい。その半導体業界での種類別の製造装置シェアを確認。

半導体製造装置の前工程・後工程シェア

出所:JBpress/湯之上隆。(一部ポジテン編集)
  • SCREENの製品で売上が大きいのは、前工程におけるバッチ式洗浄装置と枚葉式洗浄装置。
  • 洗浄装置でのライバルは、東京エレクトロン、韓国SEMES(セメス:サムスンの完全子会社)、ラムリサーチ(米国)。
  • 特に微細化製造工程に使用される枚葉式洗浄装置の競争が激しい。
  • 韓国サムスンの完全子会社であるSEMESは、1993年にSCREENとの合弁(K-DNS)によって技術を獲得し、半導体ウエハ洗浄装置を内製化したため、ほぼ全数量が親会社のサムスン電子向けに販売。それで一定の世界シェアを持っている。
  • コータ・デベロッパでは、ライバルの東京エレクトロンが高価格のEUV向け装置で独占しているため、金額ベースの占有率になると圧倒的な高シェア。しかし、数量ベースシェアではSCREENの装置も健闘。

洗浄装置では世界トップシェア

SCREENが得意な「ウェーハ洗浄装置」には「バッチ式」「枚葉式」「スピンスクラバー」がある。

  • バッチ式洗浄装置……多数のウエハーをまとめて洗浄。効率が良い。SCREENの世界シェア58%、市場規模は約10億ドル。(2021年度)
  • 枚葉式洗浄装置……薬液を使ってウエハを一枚ずつ処理。洗浄レベルが高く、最先端微細化工程で使用。バッチ式よりも競争が激しい。SCREENの世界シェア35%、市場規模は約40億ドル。(2021年度)
  • スピンスクラバー……ブラシを使って多くのウエハーをまとめて洗浄処理。SCREENの世界シェア63%。(2021年度)
  • 半導体製造において、洗浄工程は約3~4割を占めるが、SCREENはその分野で力強いシェアをもつ。
  • 世界中の半導体製造メーカーが協力関係。各工場に納品している装置の技術サポートや装置メンテナンス、保守サービスなどにおいても、今後とも収益性が見込める。
スポンサーリンク

半導体業界での存在感

以下は、売上高ベースの半導体製造装置メーカーのランキング。

半導体製造装置メーカーランキング

出所:VLSI Research/Tech Insights
  • ランキング15社中、日本企業は7社ランクイン。SCREENは、半導体製造装置市場で売上高7位の存在感。
  • 洗浄装置の市場規模は2021年度で約50億ドル。そこそこ市場規模が大きいため、そこでシェアをもつSCREENは売上規模も大きくなる。
  • なお、SCREENは、9位にランクインしているKOKUSAI ELECTRICへの買収意志があるとされる。後はお金の問題。

元日立グループのKOKUSAI買収の意向

スクリーンは、熱処理装置・成膜装置で高シェアの「KOKUSAI ELECTRIC(旧日立国際電機)」を「チャンスがあれば買収したい」と2021年に公表している。

KOKUSAIは、2017年から2018年にかけて投資ファンドKKRに買収され、KKRは半導体事業を業界トップのアプライド・マテリアルズ(米国)に転売しようとしていた。

しかし、米中対立により中国当局から承認されず、2021年に買収が破談。そこで、SCREENによる買収の話しが出てきている。

買収にはどう考えても約3000億円前後は必要になるはずだが、最近のSCREENは財務がかなり良くなっているので、実現できるはず。KOKUSAIが築いてきた技術と顧客網を取り込んで会社の成長につなげてほしい。

KOKUSAI買収後、さらに日立ハイテクの半導体事業を譲ってもらえば、東京エレクトロンと張り合える製造装置メーカーになれる。必要なのは「お金」と「パワフルさ」となる。

スポンサーリンク
関連記事
最近の投稿
カテゴリー