世の中をポジティブ転換したい情報サイト
  • ポジテン
  • hatenaブックマーク
台湾UMCのロゴ

台湾UMCの業績推移:売上高・営業利益率・純利益・シェア・財務

United Microelectronics Corporationの連結決算:通年の売上推移

台湾UMCの業績推移:売上高・営業利益・純利益・利益率の推移
年度 売上高・収益 営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
1994年 152億台湾ドル 67億台湾ドル
[44.0%]
65億台湾ドル
[42.8%]
1995年 242億台湾ドル 124億台湾ドル
[51.2%]
134億台湾ドル
[55.4%]
1996年 226億台湾ドル 61億台湾ドル
[27.0%]
76億台湾ドル
[33.6%]
1997年 251億台湾ドル 36億台湾ドル
[14.3%]
97億台湾ドル
[38.6%]
1998年 184億台湾ドル 3.9億台湾ドル
[2.1%]
44億台湾ドル
[23.9%]
1999年 291億台湾ドル 55億台湾ドル
[18.9%]
105億台湾ドル
[36.1%]
2000年 1051億台湾ドル 436億台湾ドル
[41.5%]
508億台湾ドル
[48.3%]
2001年 645億台湾ドル -56億台湾ドル
[-8.7%]
-32億台湾ドル
[-5.0%]
2002年 674億台湾ドル 1.4億台湾ドル
[0.2%]
70億台湾ドル
[10.4%]
2003年 849億台湾ドル 99億台湾ドル
[11.7%]
140億台湾ドル
[16.5%]
2004年 1173億台湾ドル 245億台湾ドル
[20.9%]
318億台湾ドル
[27.1%]
2005年 908億台湾ドル -27億台湾ドル
[-3.0%]
70億台湾ドル
[7.7%]
2006年 1120億台湾ドル 52億台湾ドル
[4.6%]
326億台湾ドル
[29.1%]
2007年 1133億台湾ドル 61億台湾ドル
[5.4%]
170億台湾ドル
[15.0%]
2008年 968億台湾ドル -21億台湾ドル
[-2.2%]
-223億台湾ドル
[-23.0%]
2009年 914億台湾ドル 18億台湾ドル
[2.0%]
39億台湾ドル
[4.3%]
2010年 1264億台湾ドル 220億台湾ドル
[17.4%]
239億台湾ドル
[18.9%]
2011年 1167億台湾ドル 52億台湾ドル
[4.5%]
106億台湾ドル
[9.1%]
2012年 1157億台湾ドル 35億台湾ドル
[3.0%]
78億台湾ドル
[6.7%]
2013年 1238億台湾ドル 40億台湾ドル
[3.2%]
121億台湾ドル
[9.8%]
2014年 1400億台湾ドル 101億台湾ドル
[7.2%]
104億台湾ドル
[7.4%]
2015年 1448億台湾ドル 108億台湾ドル
[7.5%]
126億台湾ドル
[8.7%]
2016年 1479億台湾ドル 62億台湾ドル
[4.2%]
42億台湾ドル
[2.8%]
2017年 1493億台湾ドル 66億台湾ドル
[4.4%]
67億台湾ドル
[4.5%]
2018年 1512億台湾ドル 57億台湾ドル
[3.8%]
32億台湾ドル
[2.1%]
2019年 1482億台湾ドル 49億台湾ドル
[3.3%]
46億台湾ドル
[3.1%]
2020年 1768億台湾ドル 219億台湾ドル
[12.4%]
209億台湾ドル
[11.8%]
2021年 2130億台湾ドル 517億台湾ドル
[24.3%]
506億台湾ドル
[23.8%]
2022年 2787億台湾ドル 1043億台湾ドル
[37.4%]
903億台湾ドル
[32.4%]
出所:UMC
UMCの1994年から2022年までの営業利益率の平均が12.5%。比較として、台湾で同業のTSMCの1995年から2022年までの営業利益率の平均が35.8%。
  • UMC(United Microelectronics Corporation:聯華電子)は1980年に設立した台湾の半導体企業。台湾の政府機関が全額出資して誕生。
  • 1997年に設計部門と製造部門を分離。UMCはファウンドリー(半導体受託製造メーカー)となり、設計部門はMediaTek(メディアテック)となる。
  • 2000年頃までは、微細化製造技術や売上規模でTSMCと同レベルだったが、しだいに技術や業績の格差が拡大。結果的に最先端プロセスの開発から早い段階から撤退し、現在に至る。
  • 28~40nmクラスの受託売上比率が高いが、アナログ半導体やパワー半導体などの受託製造もカバー。
  • 2021年や2022年は、世界的な半導体不足により、UMCに委託注文が殺到。業績アップへ。
スポンサーリンク

財政・経営状況

台湾UMCの財務状況の推移:総資産・純資産・自己資本比率の推移
年度 総資産
[現金・手元資金]
負債総額
[有利子負債]
自己資本・純資産
[自己資本比率(%)]
1995年 479億台湾ドル 162億台湾ドル 317億台湾ドル
[66.2%]
2000年 3111億台湾ドル
[541億台湾ドル]
735億台湾ドル
[466億台湾ドル]
2376億台湾ドル
[76.3%]
2005年 4267億台湾ドル
[1135億台湾ドル]
903億台湾ドル
[478億台湾ドル]
3364億台湾ドル
[78.8%]
2010年 2809億台湾ドル
[513億台湾ドル]
558億台湾ドル
[109億台湾ドル]
2251億台湾ドル
[80.1%]
2015年 3354億台湾ドル
[533億台湾ドル]
1105億台湾ドル
[530億台湾ドル]
2249億台湾ドル
[67.1%]
2020年 3665億台湾ドル
[904億台湾ドル]
1434億台湾ドル
[414億台湾ドル]
2231億台湾ドル
[60.9%]
2021年 4510億台湾ドル
[1326億台湾ドル]
1866億台湾ドル
[468億台湾ドル]
2644億台湾ドル
[58.6%]
2022年 5246億台湾ドル
[1738億台湾ドル]
2018億台湾ドル
[456億台湾ドル]
3228億台湾ドル
[61.5%]
出所:UMC
  • UMCの財務は安定的。有利子負債も少なく、現金/手元資金も豊富。

全社員数

台湾UMCの従業員数の推移
2010年 2015年 2020年 2022年
13671人 18389人 19386人 20680人
出所:UMC
  • 2022年度は、全従業員数20680人のうち、エンジニアが12390人、高度技術者が7461名、管理職が829名とされる。
スポンサーリンク

受注先の企業の国籍と売上比率

UMCの国別/地域別の売上高と全体比の推移
国/地域 2012年/売上比率(%) 2018年/売上比率(%) 2022年/売上比率(%)
台湾 36.4% 36.4% 31.4%
シンガポール 27.7% 16.4% 14.0%
中国 5.3% 12.2% 16.6%
日本 2.5% 3.9% 6.3%
米国 13.3% 15.6% 12.6%
欧州 「その他」に含む 8.3% 3.2%
その他 14.8% 7.2% 15.9%
出所:UMC
  • UMCの受託売上トップは台湾。その台湾には、スマホチップで高シェアのMediaTekだけではなく、Novatek、Realtek、Himaxなどのファブレスメーカーが多く、それらのメーカーの受託生産ボリュームが多い。
  • 中国向けは、中国メーカーから委託の電気自動車向け半導体の受託生産拡大により、売上が急増している模様。
  • 日本向けの売上比率が上がっている。これは、2018年に富士通の三重工場(三重富士通セミコンダクター)を買収した事が大きい。自動車メーカー向け車載半導体の受託製造を強化。
  • UMCのアメリカ企業の顧客は、AMD、クアルコム、テキサス・インスツルメンツ(TI)などが中心。AMDとクアルコムは工場を持たないファブレス企業。TIは、製造も手掛けるが、全体の2割ほどをUMCやTSMCなどの外部に委託。
  • 欧州企業からの受託売上高が低い。ヨーロッパの半導体メーカーは、最先端半導体の生産には弱いが、UMCが得意とする旧プロセスの半導体やアナログ/パワーの生産には強い傾向がある。また、さらに自前で生産量を増やす見通し。

半導体受託製造業界の市場シェア

台湾UMCと世界のファウンドリー企業のシェア推移
企業 2013年 2020年 2022年
TSMC(台湾) 46% 54% 58.5%
サムスン(韓国) 9% 17% 15.5%
UMC(台湾) 9% 7% 6.3%
グローバルファウンドリーズ(米) 10% 7% 6.2%
SMIC(中国) 5% 5% 4.7%
PSMC(台湾) 1% 1% 1.2%
Tower(イスラエル) 1.2%
VIS(台湾) 1% 1% 0.9%
DB Hitek(韓国) 0.9%
出所:トレンドフォース。売上高ベースのシェア&ランキング。
  • UMCは、年々ファウンドリーシェアを落としている。これは、UMCのシェアが減っているというよりも、業界トップであるTSMCの売上高上昇率が非常に高いため、他社は相対的にシェア減少となってしまう。サムスンやグローバルファウンドリーズ(米国)などのシェア減少も同様。
  • 2022年度は、台湾勢(TSMC、UMC、PSMC、VIS)で約67%のシェアを占める。電子製品受託製造のフォックスコンやペガトロンなどだけではなく、半導体分野においても受託製造といえば台湾勢が先導する存在となっている。
  • TSMCは、幅広い半導体製造をカバー。サムスンは最先端のみ。米国グローバルファウンドリーズ(GF)は、UMCと同じように最先端プロセスの製造から撤退。つまり、UMCの売上高が多い28~40nmクラスの受託生産では、中国メーカーを除けばTSMC、GFと共に3社寡占。競争原理が弱いので、そのエリアは安泰といえる。
  • 世界が「経済安全保障」を理由に、半導体に対して保守的になっている。世界中の半導体メーカーが政府支援をもとに自前主義に向かっている事は、UMCのビジネスにおいてネガティブ要因かもしれない。
スポンサーリンク
関連記事
最近の投稿
カテゴリー