世の中をポジティブ転換したい情報サイト

iPhone/iPadの販売台数・シェア・売上高・製造原価の推移

IT, 業界シェア

iPhone

iPhoneの売上台数とシェア

Apple「iPhone」の販売台数の推移と世界シェア・日本シェアの推移
年度 iPhone/世界販売数
[世界シェア(%)]
iPhone/日本販売数
[日本シェア(%)]
スマホ世界市場規模
[スマホ日本市場規模]
2007年 138万台
[-]
6月、米国で販売開始
2008年 1162万台
[-]
7月、Softbankから販売開始
2009年 2073万台
[11.9%]
169万台
[72.2%]
1億7400万台
[230万台]
2010年 3998万台
[13.1%]
323万台
[37.8%]
3億500万台
[860万台]
2011年 7229万台
[14.5%]
725万台
[30.0%]
10月、auが販売開始
4億9500万台
[2420万台]
2012年 1億2504万台
[18.5%]
1066万台
[35.8%]
6億7370万台
[2970万台]
2013年 1億5025万台
[14.7%]
1443万台
[48.8%]
9月、ドコモが販売開始
10億1940万台
[2960万台]
2014年 1億6922万台
[13.0%]
1648万台
[59.5%]
13億110万台
[2770万台]
2015年 2億3122万台
[16.1%]
1440万台
[52.2%]
14億3700万台
[2760万台]
2016年 2億1188万台
[14.4%]
1591万台
[52.8%]
14億7300万台
[3010万台]
2017年 2億1675万台
[14.8%]
1625万台
[49.9%]
14億6600万台
[3260万台]
2018年 2億1772万台
[15.5%]
1519万台
[48.7%]
14億400万台
[3120万台]
2019年 1億9300万台
[14.0%]
1406万台
[47.3%]
13億7900万台
[2970万台]
2020年 2億344万台
[15.9%]
1563万台
[47.7%]
12億8100万台
[3280万台]
2021年 2億3570万台
[17.4%]
1683万台
[49.7%]
13億5900万台
[3390万台]
出所:2018年まではApple決算報告、2019年からはIDC。ほか、市場規模とアップルの報告書からポジテンが推測した数値を含む。なお、販売台数のデータは出荷台数と同義としている。
  • Appleが世界でiPhoneの販売を開始したのが2007年6月。最初はお膝元のアメリカから。
  • 日本でiPhoneが初めて販売されたのは2008年7月のソフトバンクから。auは2011年10月から、ドコモは2013年9月からiPhoneの販売開始。
  • 2011年、アップルは一気に量産体制を築いたサムスンGalaxyに販売台数で逆転される。Appleの7229万台に対しサムスンは9420万台。その頃からAppleとサムスンは訴訟合戦となる。
  • 2013年にドコモがiPhoneの販売を開始した事で、iPhone国内シェアが上昇。2014年は日本シェア59.5%を獲得。
  • 2015年頃からファーウェイ、シャオミ、OPPOなどの中国スマホメーカーが台頭し、アップルやサムスンは世界的に販売台数の成長が鈍化していく。
  • 一時期「アップルはandroidに押されてシェアを落とし続けるのでは?」みたいに言われていたが、2020年~~2021年頃から世界的に販売台数と世界シェアが伸びてくる。中国での売上増加が大きい。
  • 高価格帯が中心のiPhoneは、利益率がダントツで高い。スマホメーカーの全利益の7~8割をアップルが占める。
  • iPhoneの市場シェアが高くなるほど「iOSを他社に開放すべき」という世論が大きくなる可能性があるため、Appleは極端な安売りをしてまでシェア拡大に動く事はない。

iPadの売上台数とシェア

Apple「iPad」の販売台数の推移と世界シェア・日本シェアの推移
年度 iPad/世界販売数
[世界シェア(%)]
iPad/日本販売数
[日本シェア(%)]
タブレット世界市場規模
[タブレット日本市場規模]
2010年 745万台
[-]
2011年 3239万台
[-]
2012年 5831万台
[-]
2013年 7103万台
[32.6%]
320万台
[44.8%]
2億1800万台
[710万台]
2014年 6797万台
[29.5%]
398万台
[43.4%]
2億3000万台
[920万台]
2015年 5485万台
[26.5%]
361万台
[39.9%]
2億700万台
[900万台]
2016年 4559万台
[26.8%]
315万台
[40.7%]
1億7000万台
[770万台]
2017年 4375万台
[27.3%]
344万台
[40.3%]
1億6000万台
[850万台]
2018年 4353万台
[31.1%]
347万台
[45.9%]
1億4000万台
[760万台]
2019年 4991万台
[35.7%]
417万台
[54.4%]
1億4000万台
[770万台]
2020年 5331万台
[33.3%]
506万台
[52.7%]
1億6000万台
[960万台]
2021年 5775万台
[34.2%]
485万台
[54.8%]
1億6840万台
[890万台]
出所:2018年まではApple決算報告書、2019年からはIDC。
  • 2015年頃からタブレット市場でファーウェイなどの中国メーカーが台頭し、iPadの世界シェアと日本シェアが下落したが、2018年から世界シェア30%を取り戻す。
  • iPadとGalaxyTabのシェアを合計すると52.5%(2021年度)。残りのシェアのほとんどが中国メーカー。
  • 2020年~2021年度の販売台数増加は、コロナ巣篭り需要による影響が大きい。
  • 日本では2020年にコロナ問題と同時に「GIGAスクール構想」が進み、タブレット端末の出荷台数が増加。
  • 世界的にタブレット市場規模は縮小傾向。スマホが大型化した事が要因の一つ。

売上高と平均売上価格

iPhoneとiPadの売上高の推移と一台あたりの平均売上高の推移(2013年以降)
年度 iPhone/売上高
[一台あたり平均売上価格]
iPad/売上高
[一台あたり平均売上価格]
2013年 912.79億ドル
[595ドル]
319.80億ドル
[450ドル]
2014年 1019.91億ドル
[529ドル]
302.83億ドル
[445ドル]
2015年 1550.41億ドル
[670ドル]
232.27億ドル
[423ドル]
2016年 1367.00億ドル
[634ドル]
206.28億ドル
[484ドル]
2017年 1413.19億ドル
[654ドル]
192.22億ドル
[438ドル]
2018年 1666.99億ドル
[764ドル]
188.05億ドル
[434ドル]
2019年 1423.81億ドル
[737ドル]
212.80億ドル
[426ドル]
2020年 1377.81億ドル
[677ドル]
237.24億ドル
[445ドル]
2021年 1919.73億ドル
[814ドル]
318.62億ドル
[552ドル]
出所:Apple。一台あたりの平均売上価格は、iPhoneとiPadのそれぞれの総売上高からグローバル販売台数で割った数字。(ポジテン算出)
  • 2020年に販売単価が下がっているのは、コロナ問題の他に、2020年4月に発売されたiPhone SE2(廉価版の第二世代)が販売されたためと推測。
  • 2021年に平均単価が上がっているのは、コロナ巣篭り需要によるもの。値引き販売に依存しなくても好調だった模様。

大手スマホメーカーの平均販売価格

【2021年度】主要スマホメーカーの一台あたりの平均販売価格
1位Apple 97680円
2位OPPO 31900円
3位VIVO 30400円
4位サムスン 30300円
5位シャオミ 21600円
出所:1ドル=120円で算出。スマホ売上高から販売台数で割った数値。
  • Appleと他メーカーを比較すると、平均販売価格は3倍近くの格差。高価格帯でも売れるブランド力がアップルの強み。
  • なお、サムスンの平均販売価格は中国メーカーと同じレベル。人口が多いインドで1台あたり1万円台のスマホ「Mシリーズ」を集中投入している事が、平均販売価格を低下させている模様。なお、インド市場のライバルがXiaomiやOPPOなどの中国メーカー。
  • サムスンは、メモリやバッテリー、電子部品など、自社がサプライヤーでもあるため、安売りしても利益を確保可能。サムスンのモバイル部門の利益率は12.5%(2021年度)
  • 中国メーカーは、中国政府からの様々な恩恵があるにも関わらず利益率は低い。例えばシャオミの利益率は5%以下とされる。

製造原価

iPhoneシリーズの1台あたりの製造原価
iPhone4 iPhone5 iPhone6 iPhone SE
187ドル 199ドル 212ドル 160ドル
iPhone7 iPhone8 iPhoneX iPhone11
224ドル 247ドル 412ドル 440ドル
iPhone12 iPhone SE2 iPhone13 iPhone14
373ドル 217ドル 460ドル 470ドル
出所:TechInsights、Gizmochina、teardown。ストレージの搭載容量によって原価が異なる事に注意。
  • Appleは、2017年に発売された「iPhone X」からディスプレイを、それまでの液晶から有機EL(OLED)を採用。そのため、2017年からグッと部品コストが上昇。(OLEDは画質がキレイで低消費電力だが、価格が高い)
  • スマホ一台あたりのOLEDパネル調達コストが、日本円で1万円前後。なお、液晶パネルの場合は5000円前後。
  • 特許の塊である5G関連部品においても、1台あたり約1万円ほどの調達コストが必要。そのため、5Gスマホはどうしても原価が高くなる。

iOS対Android

iOSとandroidの国別シェア(2021年度)
iOSシェア androidシェア トップシェアメーカー
世界 24.7% 74.3% Samsung
日本 66.8% 32.9% Apple
韓国 27.0% 72.5% Samsung
中国 19.0% 80.2% Huawei
台湾 47.4% 50.8% Apple
インド 3.1% 96.0% Xiaomi
アメリカ 57.5% 42.1% Apple
イギリス 54.9% 44.5% Apple
フランス 34.0% 65.5% Apple
ドイツ 39.7% 59.4% Apple
オーストラリア 57.3% 41.2% Apple
ブラジル 14.0% 85.6% Samsung
  • Appleは先進国で人気が高いが、その中でも日本のApple人気は世界ダントツ。
  • 巨大市場の中国でiPhoneユーザーが増加中。米中対立の中でも、中国メーカーよりもアップルを優先しているという事。
  • もう一つの巨大市場インドでは、Androidユーザーがほとんど。しかし、台湾の生産受託メーカーが製造拠点を中国からインドに移す動きがあるため、今後インドでのiPhoneシェアは上がってくるはず。
  • 韓国では、サムスンGalaxyユーザーが過半数のシェアを占める。しかし、年々iPhoneユーザーが増加しており、韓国メディアによると2022年度の四半期レベルではiPhoneが36%のシェアを獲得したとされる。

中古スマホ市場でもiPhoneが人気

世界的に中古スマホ市場が拡大中。

スマートフォンの中古市場の推移(2018年以降)
地域 2018年 2021年 2023年(見込)
世界全体 1億7580万台 2億3700万台 3億3290万台(見込)
北米 3900万台 5200万台 8720万台(見込)
日本 155万台 212万台 250万台(見込)
出所:IDC。一部、推計値を含む。
  • どの国においてもスマートフォン市場で、中古スマホの割合が全体の10%前後のシェアを占めるようになっている。しかも上昇傾向。
  • スマホ中古分野では、世界的にiPhoneがダントツの売れ筋。日本の中古市場では約60%前後がiPhone。
  • iPhoneはブランド力の他に、バッテリーを自分で新品に交換して長期使用できる事も人気の理由。

ネジを外して分解へ

iPhoneはネジを開けて分解できる

例えば、サムスンのGalaxyや中国メーカーのスマホは、一度分解すると修復ができなくなるような難しい仕様となっているが、iPhoneの場合は「分解」と「組み立て」が比較的簡単な仕様となっている。

iPhoneを電池交換したい場合、Amazonなどで分解工具とバッテリーを購入し、YouTubeなどで解説動画を見ながら慎重にやれば、素人でも問題なく交換できる。

バッテリーを新品にすれば中古でも需要がかなり多いため、中古iPhoneを高値で買い取っている業者も多い。買い取り価格が下がりにくい事もiPhone人気が根強い理由。

関連記事
最近の投稿
カテゴリー