世の中をポジティブ転換したい情報サイト
  • ポジテン
  • hatenaブックマーク
ソニーミュージックのロゴ

ソニーの音楽事業の業績推移:売上高・営業利益率の推移

SONY MUSIC(音楽事業)の売上推移

ソニーの音楽事業の業績推移:売上高・営業利益・利益率の推移
年度 売上高・収益 営業利益
[営業利益率(%)]
1997年 6947億円 540億円
[7.8%]
1998年 7586億円 365億円
[4.8%]
1999年 7068億円 283億円
[4.0%]
2000年 6121億円 205億円
[3.3%]
2001年 6428億円 202億円
[3.1%]
2002年 5975億円 -79億円
[-1.3%]
2003年 5599億円 190億円
[3.4%]
2004年 4599億円 42億円
[0.9%]
2005年 4089億円 162億円
[4.0%]
2006年 3551億円 289億円
[8.1%]
2007年 3822億円 502億円
[13.1%]
2008年 3871億円 278億円
[7.2%]
2009年 5226億円 325億円
[6.2%]
2010年 4707億円 389億円
[8.3%]
2011年 4428億円 369億円
[8.3%]
2012年 4417億円 372億円
[8.4%]
2013年 5033億円 502億円
[10.0%]
2014年 5592億円
(縮小傾向だった世界音楽市場がストリーミング配信拡大で反転へ)
606億円
[10.8%]
2015年 6176億円 873億円
[14.1%]
2016年 6477億円
(Sony/ATVを完全子会社化)
758億円
[11.7%]
2017年 8000億円 1278億円
[16.0%]
2018年 8075億円
(EMI Musicをソニーが買収)
2325億円
[28.8%]
2019年 8499億円 1423億円
[16.7%]
2020年 9399億円 1848億円
[19.7%]
2021年 1兆1169億円 2109億円
[18.9%]
2022年 1兆3806億円 2631億円
[19.1%]
2023年 1兆6190億円 3017億円
[18.6%]
出所:SONY。2004年から2007年までは「その他」のセグメントの数値。
スポンサーリンク

平均利益率

ソニーの音楽事業の1997年から2022年までの営業利益率の平均は9.8%。

会社の動向

  • ソニーの音楽事業は、1968年、米国CBS社との合弁でCBS・ソニーレコードを設立したのがルーツ。
  • 売上の中核は、米国子会社のソニー・ミュージック・エンターテイメント(SME)。
  • 2002年の営業赤字は、ソニーによると米国外の物流拠点の統廃合、世界的な人員削減など、継続的に実施している構造改革の費用の増加、およびアーティスト関連費用の増加などが要因とされる。
  • CDシングル/アルバムの世界売上が縮小を続け、世界の音楽市場規模も比例して縮小していたが、2014年ごろから音楽ストリーミングサービスの市場が拡大。縮小傾向だった世界の音楽市場規模が反転、拡大に向かい、CD売上減少を補う存在となっている。
  • 2016年、ソニーは1995年にマイケル・ジャクソン(MJ)と共同で設立したSony/ATVの全株式をジャクソン財団から7億5000万ドルで買い取り完全子会社化。MJやビートルズなどの多くの世界的有名アーティストの音楽管理権を確保。
  • 2018年、EMI Musicを買収し、音楽著作権管理数を拡大。
  • 2020年1月から発生したコロナウイルス問題は、音楽業界の活動を大きく停滞させたが、ソニーの音楽事業と収益性においては大きなダメージはなかった。ソニーの音楽事業は、最高のサブスクが実現している。
  • ソニーミュージックの楽曲管理数は日本国内と外国合わせて約320万曲。(2020年3月現在)
  • SONYの子会社である音楽コンテンツ流通企業「Orchard(オーチャード)」のもとで、世界各国で販売マーケティングを拡大。この存在が音楽部門の好調を影で支える。
スポンサーリンク

ソニーを含む世界3大メジャーと比較

かつて音楽レコード業界は、ソニーミュージック、ワーナーミュージック、MCAレコード(現ユニバーサルミュージック)、BMG、ポリグラム、EMIなど多くの企業が存在していた。

しかし、買収/再編を経て現在はソニー、ワーナー、ユニバーサルの3大メジャー体制に集約。その3社の業績推移。

ソニー、ワーナーミュージック、ユニバーサルミュージックの業績推移:売上高・利益率の推移(2010年以降)
年度 ソニー/売上高
[営業利益:利益率(%)]
ワーナー/売上高
[営業利益:利益率(%)]
ユニバーサル/売上高
[営業利益:利益率(%)]
2010年 4707億円
[389億円:8.3%]
29.88億ドル
[0.90億ドル:3.0%]
2015年 6176億円
[873億円:14.1%]
29.66億ドル
[1.27億ドル:4.3%]
57.82億ドル
[6.71億ドル:11.6%]
2020年 9399億円
[1848億円:19.7%]
44.63億ドル
[-2.29億ドル:-5.1%]
89.28億ドル
[16.54億ドル:18.5%]
2021年 1兆1169億円
[2109億円:18.9%]
53.01億ドル
[6.06億ドル:11.4%]
89.61億ドル
[15.77億ドル:17.6%]
2022年 1兆3806億円
[2631億円:19.1%]
59.19億ドル
[7.14億ドル:12.1%]
112.21億ドル
[17.36億ドル:15.5%]
出所:各メーカーの決算報告書
  • 現在の3大メジャーで、世界の音楽レーベルの95%を占めるとされる。レーベルとは「アーティスト所属と楽曲制作の組織」の事。
  • 3大メジャーの中で、ソニーが最も利益率が良いが、有名アーティストの優良著作権を保有している事が理由の一つと思われる。
  • ソニーが著作権管理するアーティストは、マイケル・ジャクソン、ビートルズ、クイーン、ローリングス・トーンズ、テイラー・スイフト、レディーガガ、ボブ・ディラン、スティング、スティービー・ワンダー、オアシス、エミネム、カニエ・ウェストなど、超有名アーティスト多数。
  • ソニーのお膝元、日本では音楽ストリーミング配信の成長はアメリカ比較で弱い。しかし、CDセールスがまだまだ健在で、乃木坂やジャニーズなどアイドル系を中心にCD売上が多い。
  • 近年のソニーミュージックは、アニメ関連との連携が業績を押し上げ。「鬼滅の刃」ではLISA(炎)、Aimer(残響散歌)がヒット。2023年は「推しの子」のYOASOBI(アイドル)がヒット。ソニーにとってアニソンは重要な存在となっている。
スポンサーリンク

ソニーミュージックの大顧客となる音楽配信サービス

  • スポティファイ……音楽配信サービス世界1位。ユーザー数は全世界で5億5100万人、有料会員数は2億2000万人。(2023年7月時点)
  • Apple Music……世界2位。iPhoneユーザーが多い日本では首位。
  • Amazon Music……Amazonプライム会員のユーザーが多い。
  • YouTube Music……YouTubeのミュージックビデオ動画と連携したサービスが特徴。
  • LINE MUSIC……LINEと連携した音楽配信サービス。日本向けが中心で、売上高は多くない。

ソニーミュージック、ワーナーミュージック、ユニバーサルミュージックの3大メジャーは、上記のような音楽配信サービスに対して管理楽曲を提供。その著作権使用料で発生した収益をアーティストとシェアしている形。

スポンサーリンク
関連記事
人気ページ
最近の投稿
カテゴリー