世の中をポジティブ転換したい情報サイト
  • ポジテン
  • hatenaブックマーク
NECのロゴ

NEC(日本電気)の業績推移:売上高・営業利益率・純利益の推移

NECの連結決算:通年の売上推移

NEC(日本電気)の業績推移:売上高・営業利益率・純利益の推移
年度 売上高・収益 営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
1990年 3兆6987億円 2145億円
[5.8%]
543億円
[1.5%]
1991年 3兆7738億円 1214億円
[3.2%]
152億円
[0.2%]
1992年 3兆5149億円 271億円
[0.8%]
-451億円
[-1.3%]
1993年 3兆5797億円 774億円
[2.2%]
66億円
[0.2%]
1994年 3兆7693億円 1557億円
[4.1%]
358億円
[1.0%]
1995年 4兆3971億円 2478億円
[5.6%]
766億円
[1.7%]
1996年 4兆9484億円 1837億円
[3.7%]
928億円
[1.9%]
1997年 4兆9011億円 1904億円
[3.9%]
474億円
[1.0%]
1998年 4兆7594億円 31億円
[0.1%]
-1512億円
[-3.2%]
1999年 4兆9914億円 1104億円
[2.2%]
104億円
[0.2%]
2000年 5兆4097億円 1851億円
[3.4%]
566億円
[1.0%]
2001年 5兆1010億円 -555億円
[-1.1%]
-3120億円
[-6.1%]
2002年 4兆6631億円 1016億円
[2.2%]
-123億円
[-0.3%]
2003年 4兆8605億円 1365億円
[2.8%]
100億円
[0.2%]
2004年 4兆8017億円 1418億円
[3.0%]
772億円
[1.6%]
2005年 4兆9299億円 725億円
[1.5%]
-100億円
[-0.2%]
2006年 4兆6526億円 699億円
[1.5%]
91億円
[0.2%]
2007年 4兆6171億円 1567億円
[3.4%]
226億円
[0.5%]
2008年 4兆2156億円 -62億円
[-0.1%]
-2966億円
[-7.0%]
2009年 3兆5831億円 509億円
[1.4%]
114億円
[0.3%]
2010年 3兆1154億円 578億円
[1.9%]
-125億円
[-0.4%]
2011年 3兆368億円 737億円
[2.4%]
-1102億円
[-3.6%]
2012年 3兆716億円 1146億円
[3.7%]
304億円
[1.0%]
2013年 3兆431億円 1061億円
[3.5%]
337億円
[1.1%]
2014年 2兆9355億円 1280億円
[4.4%]
573億円
[2.0%]
2015年 2兆8248億円 914億円
[3.2%]
759億円
[2.7%]
2016年 2兆6650億円 418億円
[1.6%]
273億円
[1.0%]
2017年 2兆8444億円 639億円
[2.2%]
459億円
[1.6%]
2018年 2兆9134億円 585億円
[2.0%]
402億円
[1.4%]
2019年 3兆952億円 1276億円
[4.1%]
1000億円
[3.2%]
2020年 2兆9940億円 1538億円
[5.1%]
1496億円
[5.0%]
2021年 3兆140億円 1325億円
[4.4%]
1413億円
[4.7%]
2022年 3兆3130億円 1704億円
[5.1%]
1145億円
[3.5%]
2023年 3兆4772億円 1880億円
[5.4%]
1495億円
[4.3%]
出所:NEC。本決算期は3月末。
スポンサーリンク

平均利益率

NECの1990年から2023年までの営業利益率の平均が2.9%。
比較として、富士通の1994年から2023年までの営業利益率の平均が3.6%。

会社の動向

  • 日本電気(NEC)の設立は1899年。米国ウェスタン・エレクトリックと合弁会社を設立する目的で誕生。日本初の外資との合弁会社となる。
  • 2001年の巨額な最終損失(-3120億円)は、ITバブル崩壊による景気後退が原因。
  • リーマンショック時の損失や、スマートフォン登場と共に、NECのビジネスもしだいに変化していく。
  • 近年は、ITサービスで安定的な収益を出してきた一方で、半導体、携帯電話(ガラケー)、ディスプレイ、パソコンなどの事業を縮小、または撤退してきたため、1990年と比較して売上規模も停滞。
  • 特に、定期的に赤字を出していたDRAM(半導体メモリ)やディスプレイから撤退しているため、赤字転落しにくい体質となっている。
スポンサーリンク

日本電気の財政・経営状況

NECの財務推移:総資産・純資産・自己資本比率の推移
年度 総資産
[現金・手元資金]
負債総額
[有利子負債]
自己資本・純資産
[自己資本比率(%)]
1990年 3兆9295億円
[3845億円]
3兆486億円 8809億円
[22.4%]
1995年 4兆9778億円
[3810億円]
3兆9114億円
[1兆8185億円]
1兆664億円
[21.4%]
2000年 4兆9295億円
[3868億円]
4兆628億円
[1兆6842億円]
8667億円
[17.6%]
2005年 3兆8027億円
[4559億円]
2兆5601億円
[9351億円]
1兆2426億円
[27.1%]
2010年 2兆6289億円
[2038億円]
1兆7535億円
[6758億円]
8754億円
[28.8%]
2015年 2兆4934億円
[1923億円]
1兆6410億円
[4810億円]
8524億円
[31.8%]
2020年 3兆6685億円
[5233億円]
2兆3604億円
[7029億円]
1兆3081億円
[35.7%]
2021年 3兆7617億円
[4307億円]
2兆2482億円
[5973億円]
1兆5135億円
[40.2%]
2022年 3兆9841億円
[4195億円]
2兆714億円
[6085億円]
1兆9127億円
[48.0%]
出所:NEC
  • 1990年と2022年を比較すると、NECの総資産はほとんど変わっていない。ライバルの富士通は1兆円ほど減らしている。これは「選択と集中」が進んだ結果だと考えたい。
  • 現在、手元資金や有利子負債、そして肝心の業績を考慮すると、経営難に陥る心配は不要。

社員数と開発投資状況の推移

NECの連結従業員数、平均年収、設備投資額、研究開発額の推移
年度 従業員数(連結) 平均年収 設備投資費 研究開発費
1990年 11万7994人 3567億円 2794億円
1995年 15万2719人 4019億円 2987億円
2000年 14万9931人 761万円 3464億円 3449億円
2005年 15万4180人 743万円 1609億円 2874億円
2010年 14万9931人 698万円 830億円 2759億円
2015年 9万8726人 833万円 374億円 1342億円
2020年 11万4714人 829万円 576億円 1146億円
出所:NEC
  • かつては15万人レベルの従業員がいたが、度重なるリストラにより2015年度は10万人以下にまで減少。1/3の従業員の減少はパナソニック(33万人→24万人)よりもハイレベル。
  • 頻繁にリストラしていた時期は「業績が悪い企業」というイメージがあり、現在でもそのイメージをもっている人は多い。
  • 製造部門を縮小、もしくは撤退しているため、以前よりも設備投資額が大幅減少。昔は特に半導体事業への設備投資が大半だった。
スポンサーリンク

セグメント別の成績

NECの売上構造:セグメント別の業績推移
事業 2019年/売上高
[営業利益:利益率(%)]
2020年/売上高
[営業利益:利益率(%)]
2021年/売上高
[営業利益:利益率(%)]
社会公共事業
(公共機関向け)
4784億円
[342億円:7.2%]
4251億円
[394億円:9.3%]
4002億円
[297億円:7.4%]
社会基盤事業
(官公向け)
6788億円
[642億円:9.5%]
6929億円
[594億円:8.6%]
6509億円
[654億円:10.0%]
エンタープライズ
(企業向け)
5498億円
[521億円:9.5%]
5031億円
[482億円:9.6%]
5747億円
[574億円:10.0%]
ネットワークサービス
(通信・基地局)
4827億円
[306億円:6.3%]
5388億円
[412億円:7.6%]
5115億円
[354億円:6.9%]
グローバル 4931億円
[-32億円:-0.6%]
4500億円
[75億円:1.7%]
4856億円
[263億円:5.4%]
その他 4126億円
[244億円:5.9%]
3842億円
[77億円:2.0%]
3912億円
[133億円:3.4%]
調整額 -565億円 -251億円 -567億円
出所:NEC
  • NECの強みは、5G関連、ネットワーク関連、金融や流通向けシステム、企業の電子決済システムなど。官公庁関連からの安定収入も魅力。
  • ライバルの富士通が、情報通信事業で利益率10%を目指しているため、NECも同じ目標に向かうと予想。
  • 2020年にスイスの金融ソフト大手アバロクを買収し、欧州を中心として海外の金融システムの需要を取り込む見込み。
  • 2017年にアマゾンのクラウド事業「Amazon AWS」の最上位パートナーとなり、win-winの関係を築く戦略。なお、ライバルの富士通はマイクロソフト(AZURE)とパートナー戦略。

国別や地域別の売上高

NECの国別・地域別の売上高と売上比率の推移
国/地域 2010年/売上高
[全体比(%)]
2015年/売上高
[全体比(%)]
2021年/売上高
[全体比(%)]
日本 2兆6360億円
[84.6%]
2兆2180億円
[78.6%]
2兆2595億円
[75.0%]
北米・中南米 2110億円
[6.8%]
2005億円
[7.1%]
1213億円
[4.0%]
欧州・アフリカ 1097億円
[3.5%]
1384億円
[4.9%]
2946億円
[9.8%]
アジア 1584億円
[5.1%]
2641億円
[9.4%]
3386億円
[11.2%]
出所:NEC
  • 日本国内向けの売上比率が減少傾向。
  • 海外売上は増加傾向。特にアジア向けの売上成長率が高い。
  • 情報技術関連サービスの収益性は安定性が見込めるため、早い段階で新興国の需要を取り込みたい。
スポンサーリンク

M&Aの実績

ICTサービス強化として、近年は海外企業の買収を活性化。

2008年アメリカのIT企業「Netcraker」を3億ドル(約360億円)で買収。
2017年イギリスのIT企業「Nothgate Public Services」を4億7500万ポンド(約760億円)で買収。
2019年デンマークのIT大手「KMDホールディングス」を80億デンマーク・クローネ(約1400億円)で買収。
2020年スイスの金融ソフト会社「アバロク」を20.5億スイスフラン(約2360億円)で買収。

製造関連の代表的な再編・リストラ

NECの製造関連について、半導体、ディスプレイ、パソコン、ケイタイの4分野の再編や撤退について。

  • 半導体……1999年から2001年にかけて、NECと日立のDRAM事業の統合によるエルピーダメモリの誕生により、NECはDRAM事業から撤退。NECエレクトロニクスも手放し、最終的に2010年ルネサス誕生。
  • ディスプレイ……韓国サムスンと2000年から有機ELディスプレイ(OLED)の開発・製造で合弁関係だったが、2004年にNECが撤退。特許はサムスンに譲渡。また、2010年代に液晶ディスプレイ関連の特許も売却。2020年には、NECディスプレイソリューションズの株式66%をシャープに売却。
  • パソコン……2011年に、個人向けパソコン事業を本体から切り離し、中国レノボとの合弁会社に移す。合弁の出資比率はレノボ66.6%、NEC33.4%。「LAVIE(ラヴィ)」ブランドのパソコンは、レノボ主導で日本展開。
  • 携帯電話……2014年にスマホやガラケーなどの携帯電話端末事業から完全に撤退。

多くの製造部門を縮小か撤退しているため、工場の所有数が減少。市況の変化によって大赤字を出しにくい体質へと変化。ソニーと同様。

スポンサーリンク

NECウンチクいろいろ

現在のNECは、昔と比べて一般消費者向けのビジネスがかなり縮小している。そのため、若い世代にはNECがどういった企業なのかがわからないという。そんな人達に「NECスゴい話し」をいろいろ。

  • 1987年、NECは日本初の携帯電話を発売。パナソニックと共同開発。
  • 1985年から1991年までのNECは、世界の半導体メーカー中で売上世界トップだった。1985年にDRAM(メモリ)から撤退した米国インテルよりも売上が多い時期があった。
  • 1980年代から1990年代は、世界のコンピューター業界の中心的な存在だった。
  • スマホが登場する前の携帯電話(ガラケー)は、NECの機種が売れ筋だった。「折りたたみ式携帯電話」の元祖であり、コンパクトで大画面を実現できるため人気機種となり、その後は他社が次々と「折りたたみ型」をマネする事態に。
スポンサーリンク
関連記事
人気ページ
最近の投稿
カテゴリー