世の中をポジティブ転換したい情報サイト
  • ポジテン
  • hatenaブックマーク
サムスンのバッテリー事業

サムスンSDIの業績推移:バッテリー売上高・営業利益率・シェア

Samsung SDIの売上推移(通年)

サムスンSDIの業績推移:売上高・営業利益・純利益・利益率の推移
年度 売上高・収益 営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
2010年 5兆1242億ウォン
(5124億円)
2868億ウォン
(286億円)
[5.5%]
3851億ウォン
(385億円)
[7.5%]
2011年 5兆4438億ウォン 2037億ウォン
[3.7%]
3510億ウォン
[6.4%]
2012年 5兆7711億ウォン 1868億ウォン
[3.2%]
1兆4868億ウォン
[25.7%]
2013年 5兆164億ウォン -273億ウォン
[-0.5%]
1479億ウォン
[2.8%]
2014年 5兆4742億ウォン 708億ウォン
[1.2%]
-803億ウォン
[-1.4%]
2015年 7兆5693億ウォン -598億ウォン
[-0.7%]
256億ウォン
[0.3%]
2016年 5兆2008億ウォン -9263億ウォン
[-17.8%]
2111億ウォン
[4.0%]
2017年 6兆3215億ウォン 1168億ウォン
[1.8%]
6431億ウォン
[10.1%]
2018年 9兆1582億ウォン 7149億ウォン
[7.8%]
7450億ウォン
[8.1%]
2019年 10兆974億ウォン 4621億ウォン
[4.5%]
4023億ウォン
[3.9%]
2020年 11兆2947億ウォン 6713億ウォン
[5.9%]
6309億ウォン
[5.5%]
2021年 13兆5532億ウォン 1兆675億ウォン
[7.8%]
1兆2504億ウォン
[9.2%]
2022年 20兆1241億ウォン 1兆8080億ウォン
[9.0%]
2兆394億ウォン
[10.1%]
2023年 22兆7083億ウォン 1兆6334億ウォン
[7.2%]
2兆660億ウォン
[9.1%]
出所:Samsung SDI。()内の日本円表記は1ウォン=0.1円で換算。
  • サムスンSDIは、バッテリー(リチウムイオン電池)や、半導体/ディスプレイ用材料を手掛ける素材メーカー。1970年に日本電気(NEC)との合弁により「サムスンNEC」として発足したのがルーツ。
  • 2017年頃までは売上高が停滞。もともと製品ポートフォリオが少ない中で、どの製品においても成長に限界があった事が要因。
  • 近年は自動車EV化により、車載用リチウムイオンバッテリーで売上高が上昇。なお、当社の成長分野はバッテリーのみであり、今後は電池事業に注力する見通し。
  • 最近ではバッテリーの売上が大半を占めるようになったため「バッテリーメーカー」と認識されるようになっている。2022年度は総売上高の87.3%が電池事業。
  • 2010年から2022年までの営業利益率の平均が2.4%。
スポンサーリンク

Samsung SDIの財政・経営状況

サムスンSDIの財務状況の推移:総資産・純資産・自己資本比率の推移
年度 総資産
[現金・手元資金]
負債総額
[有利子負債]
自己資本・純資産
[自己資本比率(%)]
2010年 7兆9335億ウォン
[1兆663億ウォン]
1兆7027億ウォン
[3584億ウォン]
6兆2308億ウォン
[78.5%]
2015年 16兆2253億ウォン
[1兆2880億ウォン]
4兆8721億ウォン
[1兆7496億ウォン]
11兆2531億ウォン
[69.4%]
2020年 21兆5342億ウォン
[1兆5460億ウォン]
8兆1753億ウォン
[3兆9118億ウォン]
13兆3589億ウォン
[62.0%]
2021年 25兆8331億ウォン
[2兆4328億ウォン]
10兆6364億ウォン
[4兆6180億ウォン]
15兆1967億ウォン
[58.8%]
2022年 30兆2575億ウォン
[2兆6142億ウォン]
13兆400億ウォン
[5兆1482億ウォン]
17兆2175億ウォン
[56.9%]
2023年 34兆388億ウォン
[2兆745億ウォン]
14兆1316億ウォン
[]
19兆9072億ウォン
[58.5%]
出所:Samsung SDI
  • 近年は、バッテリー工場増設と設備投資費の急増により、財務はやや悪化傾向。
  • 工場は韓国内よりも海外投資が多いため、失業率が高い韓国の雇用が期待できない問題あり。

製品ラインナップ

  • 車載用バッテリー
  • スマホ用/タブレット用バッテリー
  • 家庭用蓄電池
  • ディスプレイ素材、曲がるOLED(有機ELディスプレイ)の材料、QLC偏光フィルムなど
  • 太陽電池関連

バッテリー工場拠点

韓国、中国、アメリカ、ハンガリー、オーストリア

スポンサーリンク

収益構造:セグメント別の売上と利益率

サムスンSDIの売上内訳:バッテリー部門と部品部門の売上高・営業利益率の推移
年度 エナジーソリューションズ
(スマホ/自動車用バッテー部門)
エレクトロニック・マテリアル
(素材開発・生産部門)
売上高
[営業利益:利益率(%)]
売上高
[営業利益:利益率(%)]
2010年 2兆3682億ウォン
[2950億ウォン:12.4%]
2兆7560億ウォン
[610億ウォン:2.2%]
2011年 2兆8376億ウォン
[2937億ウォン:10.4%]
2兆6062億ウォン
[418億ウォン:1.6%]
2012年 3兆4058億ウォン
[1467億ウォン:4.3%]
2兆3779億ウォン
[827億ウォン:3.5%]
2013年 3兆3564億ウォン
[449億ウォン:1.3%]
1兆6600億ウォン
[-723億ウォン:-4.4%]
2014年 3兆3274億ウォン
[-263億ウォン:-0.8%]
7977億ウォン
[835億ウォン:10.5%]
2015年 3兆3127億ウォン
[-4956億ウォン:-14.9%]
1兆6421億ウォン
[2281億ウォン:13.9%]
2016年 3兆4301億ウォン
[-1兆1039億ウォン:-32.1%]
1兆7706億ウォン
[1776億ウォン:10.0%]
2017年 4兆3041億ウォン
[-1085億ウォン:-2.5%]
2兆174億ウォン
[2254億ウォン:11.2%]
2018年 6兆9541億ウォン
[3973億ウォン:5.7%]
2兆2041億ウォン
[3175億ウォン:14.4%]
2019年 7兆7193億ウォン
[554億ウォン:7.1%]
2兆3780億ウォン
[4066億ウォン:17.1%]
2020年 8兆7287億ウォン
[2412億ウォン:2.7%]
2兆5659億ウォン
[4300億ウォン:16.8%]
2021年 10兆9469億ウォン
[5375億ウォン:4.9%]
2兆6063億ウォン
[5299億ウォン:20.3%]
2022年 17兆5663億ウォン
[1兆2538億ウォン:7.1%]
2兆5578億ウォン
[5542億ウォン:21.7%]
出所:Samsung SDI
  • バッテリー部門「エナジーソリューション」の2010年から2022年までの営業利益率の平均が0.4%
  • EVが普及するようになった2020年から2022年までのサムスンSDI「バッテリー部門」の営業利益率の平均が7.6%。比較として、同期間の韓国LGエナジーが2.5%、パナソニックエナジーが5.8%、中国CATLが13.4%。
  • モバイル向けバッテリーは自社スマートフォン「GALAXY」に採用。サムスンのスマホは年間2億台以上販売するが、それでもバッテリーでは利益率が悪い時期が続いた。
  • 2016年8月に発売された「Galaxy Note7」の発火事故によりリコール。2016年度はバッテリー部門大赤字へ。
  • 素材の開発・生産部門「エレクトロニック・マテリアル」の2010年から2022年までの営業利益率の平均が10.7%。有機ELディスプレイ関連の素材で絶対的な製品を持っているため利益率が良い。

国内と海外売上比率

サムスンSDIの国別の売上と海外売上比率の推移
国/地域 2010年/売上高
[全体比(%)]
2015年/売上高
[全体比(%)]
2022年/売上高
[全体比(%)]
韓国内 3兆9806億ウォン
[77.7%]
5兆5597億ウォン
[73.5%]
1兆1725億ウォン
[5.8%]
北米 7386億ウォン
[14.4%]
2538億ウォン
[3.4%]
4兆8143億ウォン
[23.9%]
ヨーロッパ 5536億ウォン
[10.8%]
9714億ウォン
[12.8%]
8兆4566億ウォン
[42.0%]
中国 2兆2953億ウォン
[44.8%]
1兆2033億ウォン
[15.9%]
2兆6616億ウォン
[13.2%]
アジア 2963億ウォン
[5.8%]
2兆872億ウォン
[27.5%]
3兆190億ウォン
[15.0%]
出所:Samsung SDI。2010年と2015年のデータは、企業内取引を調整する前の数値である事に注意
  • お膝元の韓国向けの売上比率が減少。スマートフォンなどの製造拠点が地元から中国やベトナム、インドなどに移っている証拠。また、韓国の自動車メーカー(ヒョンデ・キア)への車載バッテリーの納品量が少ない事もわかる。
  • 北米向けの輸出増加は、ゼネラルモーターズやステランティス(ラム・トラックスやJEEPブランドをもつ)への売上によるもの。ステランティスとは提携のもとでEVバッテリー工場をアメリカに建設。今後、米国現地での売上増が見込める。
  • ヨーロッパ向けへの売上増は、主にハンガリーやオーストリアのバッテリー工場の生産量が増加した事によるもので、主にBMWやステランティスなどに供給。(ステランティスは欧州でプジョー・シトロエン・フィアットなどのブランドをもつ)
スポンサーリンク

電気自動車向けバッテリーシェア

サムスンSDIの車載バッテリーの市場シェア推移(2019年以降)
企業 2019年 2020年 2021年 2022年
CATL(中) 28% 26% 28% 37.0%
LGエナジー(韓) 13% 25% 23% 13.6%
BYD(中) 8% 6% 7% 13.6%
パナソニック(日) 22% 17% 15% 7.3%
SKオン(韓) 3% 6% 5% 5.4%
サムスンSDI(韓) 6% 7% 6% 4.7%
CALB(中) 1% 2% 2% 3.9%
Guoxuan(中) 3% 2% 2% 2.7%
AESC(中) 3% 2% 2% 2%未満
出所:SNEリサーチ。他、市場規模と生産量から算出した推計値を含む。
  • ダントツのトップシェアは中国CATL。中国政府からの手厚い支援の他に、環境規制が緩い中国では他国よりもリチウムイオンバッテリーを最大で約30%ほど安く製造できる強みがある。
  • EVバッテリー市場は、全体的に中国メーカーのシェアが急増した事で、サムスンSDIの車載電池シェアは下落傾向。他の韓国メーカーや日本のパナソニックのシェア低下も同じ理由。

車載バッテリーの提携&協力関係先

  • ステランティス
  • BMW
  • GM(ゼネラルモーターズ)
  • ヒョンデ・キアグループ

モバイル向け電池シェア

サムスンSDIのスマホ向けリチウム電池シェア
順位 企業 2017年 2021年
1位 ATL/TDK(香港/日本) 27% 42%
2位 LGエナジー(韓国) 14% 22%
3位 サムスンSDI(韓国) 15% 18%
4位 BYD(中国) 10% 8%
5位 村田製作所(日本) 6% 5%
出所:ストラテジー・アナリティクス。一部、売上高と市場規模から算出した推計値を含む。
  • モバイル向けバッテリートップシェアはTDK完全子会社のATL。アップル「iPhone」のバッテリーのほとんどを供給。また、シャオミやOPPOなどの中国スマホメーカーのサプライヤーであり、サムスンにも納品する。つまり、大手スマホメーカーすべてのサプライヤー。
  • サムスンSDIのバッテリーは、自社向け(GALAXY)がほとんどで、外販は少ない。外販先はライバル企業であるため、信頼関係を築きにくい。
  • 日本の村田製作所も、2016年にソニーから電池事業を買収し参入。増産への意欲は高くない模様。
  • 全体的にスマートフォンの市場規模が縮小しているため、ほとんどのメーカーは増産については慎重。唯一、増産姿勢が強いのが中国BYDで、今後はややシェアが上がってくる可能性あり。
スポンサーリンク
関連記事
最近の投稿
カテゴリー