世の中をポジティブ転換したい情報サイト

SUBARU(スバル)の販売台数の推移と売上高・営業利益率の推移

業績推移, 自動車

SUBARUのロゴ

SUBARUの決算(通年)の売上推移

スバルの販売台数の推移と売上高・営業利益・純利益・利益率の業績推移
年度 売上高・収益
[自動車販売台数]
営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
2004年 1兆4464億円
[58万台]
420億円
[2.9%]
182億円
[1.3%]
2005年 1兆4763億円
[57万台]
583億円
[3.9%]
156億円
[1.1%]
2006年 1兆4948億円
[57万台]
479億円
[3.2%]
318億円
[2.1%]
2007年 1兆5723億円
[59万台]
456億円
[2.9%]
184億円
[1.2%]
2008年 1兆4457億円
[55万台]
-58億円(赤字)
[-0.4%]
-699億円(赤字)
[-4.8%]
2009年 1兆4286億円
[56万台]
273億円
[1.9%]
-164億円(赤字)
[-1.1%]
2010年 1兆5805億円
[65万台]
841億円
[5.3%]
503億円
[3.2%]
2011年 1兆5171億円
[64万台]
439億円
[2.9%]
384億円
[2.5%]
2012年 1兆9129億円
[72万台]
1204億円
[6.3%]
1195億円
[6.2%]
2013年 2兆4081億円
[64万台]
3264億円
[13.6%]
2066億円
[8.6%]
2014年 2兆8779億円
[74万台]
4230億円
[14.6%]
2618億円
[9.1%]
2015年 3兆2322億円
[95万台]
5655億円
[17.5%]
4366億円
[13.5%]
2016年 3兆3259億円
[106万台]
4108億円
[12.4%]
2823億円
[8.5%]
2017年 3兆2326億円
[106万台]
3794億円
[11.7%]
2203億円
[6.8%]
2018年 3兆1605億円
[100万台]
1955億円
[6.2%]
1478億円
[4.7%]
2019年 3兆3441億円
[103万台]
2103億円
[6.3%]
1525億円
[4.6%]
2020年 2兆8302億円
[86万台]
1024億円
[3.6%]
773億円
[2.7%]
2021年 2兆7445億円
[73万台]
904億円
[3.3%]
705億円
[2.6%]
出所:SUBARU
  • バブル崩壊期といわれる1990年代のスバル(当時は富士重工業)は、赤字を出す事が多かったが、GMと資本提携などを経て、なんとか経営を立て直す。
  • 2008年のアメリカ金融危機(リーマンショック)では赤字転落。販売依存度が高いアメリカの大不況が影響。
  • アベノミクスが始まった2013年からは営業利益・純利益ともに業界トップレベルの業績。
  • 2013年から2017年までの5年間の営業利益率の平均が13.9%。比較としてトヨタが8.9%、ホンダが5.2%、VWグループが4.6%、BMWが10.4%、M・ベンツが8.7%。
  • 2005年以降のスバルとトヨタの資本提携により、共同開発や部品共通化などを進め、営業損失に陥りにくい体質に向かっている。

SUBARUの経営状況

スバルの財務の推移(2010年以降)
年度 総資産 負債総額 自己資本・純資産
[自己資本比率(%)]
2010年 1兆1883億円 7744億円 4139億円
[34.7%]
2020年 3兆4117億円 1兆6340億円 1兆7777億円
[52.1%]
2021年 3兆5437億円 1兆6427億円 1兆9010億円
[53.6%]
  • 2010年と2020年を比較すると、資産規模が約2倍。
  • 好調なアメリカでの販売が2010年代の経営の支え。

提携関係の歴史

  • 富士重工業(現スバル)は、かつては日産と資本提携関係にあったが、1999年3月に日産がルノーと資本提携した事でスバルと日産の関係も終了。
  • 1999年、日産と別れたスバルは米国ゼネラルモーターズ(GM)と資本提携。GMは富士重工業の株式20%出資。
  • 2005年、GMは経営難に陥り、スバル株を手放す事へ。資本提携解消。
  • 2005年、GMと提携関係が切れたスバルは、トヨタと資本提携。トヨタはGMが放出したスバル株のうち8.7%を保有へ。
  • 2008年、トヨタはスバルの株式比率を8.7%→16.4%へ引き上げ。提携関係を強化。
  • 2019年、トヨタが持つスバルの株式比率を20%に引き上げ。持ち分法適用会社へ。

トヨタと資本関係のある自動車メーカーは、完全子会社のダイハツや日野の他に、スバル(株式20%)、マツダ(株式5.05%)、スズキ(株式4.9%)がある。

ハイブリッド技術やバッテリー技術、そして爆発的なスケールメリットをもつトヨタを中心に提携関係が広がっていく事で、日本の自動車産業全体が恩恵を受ける事ができる。

3大市場の成績

北米(アメリカ、カナダ、メキシコ)と、ロシアを含む欧州、そして自動車最大市場の中国における、スバルの売上台数の成績。

SUBARUの北米、欧州、中国での販売台数の推移
年度 北米/販売台数 欧州/販売台数 中国/販売台数
2015年 63.0万台 4.8万台 4.4万台
2016年 72.1万台 4.6万台 4.4万台
2017年 72.8万台 4.8万台 2.7万台
2018年 71.7万台 4.0万台 2.3万台
2019年 76.2万台 4.6万台 2.1万台
2020年 66.1万台 1.8万台 2.4万台
2021年 55.5万台 1.9万台 1.4万台
  • スバルの販売台数の70%前後が北米向け。特にアメリカではブランド力が高く、値下げ販売に依存しなくても好調。高利益の理由。
  • アメリカ市場の販売台数は60万台前後。これはアウディやポルシェなどを含むフォルクスワーゲングループと同じレベルの売上台数。
  • 欧州市場ではスバルは苦戦ぎみ。「マーケティングの問題か?」など、いろいろ理由がある模様。
  • 中国では、コロナ危機の前から販売台数が低下。競争が激しい市場で「ウリ」となる材料が必要。

アメリカで愛される理由

スバルはアメリカで高いブランド力をもつが、それはなぜか。

  • 「SUBARU」という音がアメリカ人にとって「かっこいい」という。
  • 「星のエンブレムがかっこいい」という意見もわりと多い。車のスピード感と「星々のエンブレム」の一致感。
  • GMやフォード、トヨタは王道メーカー。一方、SUBARUにはニッチ感がある。消費者は大衆性ではなく、希少性を感じているのかもしれない。日本の「スバリスト」もそういう感性があるはず。
  • 他にも、スポーティーのイメージ、ボディサイズ、デザイン、4WD車の乗り心地、価格と性能の一致など、いろいろな理由がある模様。

アメリカの公務員や、家族中心の生活を尊重するクリスチャン層など、安定的な仕事と収入をもつ層にスバルは人気のようで、安定的な顧客を持つ事がアメリカでの結果につながっているのかもしれない。

SUBARUの日本市場

スバルの世界販売台数に対する日本国内の生産台数、販売台数、輸出台数の推移
年度 世界販売台数
[世界シェア(%)]
国内生産台数 国内販売台数
[日本シェア(%)]
輸出台数
2015年 95万台
[1.1%]
71万台 15万台
[3.0%]
57万台
2016年 106万台
[1.1%]
72万台 16万台
[3.2%]
57万台
2017年 106万台
[1.1%]
70万台 16万台
[3.1%]
55万台
2018年 100万台
[1.0%]
61万台 14万台
[2.7%]
49万台
2019年 103万台
[1.1%]
66万台 12万台
[2.4%]
55万台
2020年 86万台
[1.1%]
52万台 10万台
[2.2%]
43万台
2021年 73万台
[0.9%]
45万台 8.9万台
[2.1%]
37万台
  • 販売台数ベースでは、スバルの世界シェアは1%前後。
  • スバルの日本シェアは2~3%。日本では「スバリスト」というコアなファンが一定数いる。
  • スバルは、戦時中に「零戦(戦闘機)」を製造していた「中島飛行機」が前身なので、そのルーツが好きというスバルファンも多い。
  • グローバル販売台数のうち、60~70%が日本国内で生産。
  • 輸出はほとんどがアメリカ向け。海外依存度が高いため、円安で好調、円高で業績悪化という事になる。
関連記事
最近の投稿
カテゴリー