世の中をポジティブ転換したい情報サイト

フォードの販売台数の推移と売上高・営業利益率・純利益の推移

業績推移, 自動車

フォード

Ford Motorの決算(通年)の売上推移

フォードの販売台数の推移と売上高・営業利益・純利益・利益率の業績推移
年度 売上高・総収益
[世界販売台数]
営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
2003年 1643.38億ドル
[672万台]
9.02億ドル
[0.5%]
4.95億ドル
[0.3%]
2004年 1716.52億ドル
[643万台]
36.34億ドル
[2.1%]
34.87億ドル
[2.0%]
2005年 1743.65億ドル
[620万台]
19.09億ドル
[1.1%]
14.40億ドル
[0.8%]
2006年 1582.33億ドル
[660万台]
-124.23億ドル(赤字)
[-7.9%]
-126.17億ドル(赤字)
[-8.0%]
2007年 1705.72億ドル
[660万台]
-25.24億ドル(赤字)
[-1.5%]
-27.95億ドル(赤字)
[-1.6%]
2008年 1451.14億ドル
[540万台]
-145.61億ドル(赤字)
[-10.0%]
-147.66億ドル(赤字)
[-10.2%]
2009年 1183.08億ドル
[481万台]
33.58億ドル
[2.8%]
27.17億ドル
[2.3%]
2010年 1281.22億ドル
[552万台]
128.10億ドル
[10.0%]
65.61億ドル
[5.1%]
2011年 1356.05億ドル
[569万台]
111.46億ドル
[8.2%]
203.12億ドル
[15.0%]
2012年 1335.59億ドル
[566万台]
89.14億ドル
[6.7%]
56.13億ドル
[4.2%]
2013年 1469.17億ドル
[633万台]
156.69億ドル
[10.7%]
119.53億ドル
[8.1%]
2014年 1440.77億ドル
[632万台]
72.10億ドル
[5.0%]
12.31億ドル
[0.9%]
2015年 1495.58億ドル
[663万台]
143.49億ドル
[9.6%]
73.27億ドル
[4.9%]
2016年 1518.00億ドル
[665万台]
54.86億ドル
[3.6%]
45.89億ドル
[3.0%]
2017年 1567.76億 ドル
[660万台]
48.81億ドル
[3.1%]
77.31億ドル
[4.9%]
2018年 1603.38億ドル
[598万台]
32.03億ドル
[2.0%]
36.77億ドル
[2.3%]
2019年 1559.00億ドル
[538万台]
5.74億ドル
[0.4%]
0.47億ドル
[0.03%]
2020年 1271.44億 ドル
[418万台]
-44.08億ドル(赤字)
[-3.5%]
-12.79億ドル(赤字)
[-1.0%]
2021年 1363.41億ドル
[394万台]
45.23億ドル
[3.3%]
179.37億ドル
[13.2%]
出所:Ford Motor
  • 2006年度に126億ドルの巨額な最終赤字。それまでも利益率が低い。実は2008年の米国金融危機(リーマンショック)以前から業績悪化していた。
  • 金融危機以降、経営改革を行い、2010年以降は好業績。2010年から2015年までの営業利益率は平均6.9%。比較として利益率はフォルクスワーゲングループと同じレベル。
  • 2017年以降は米中貿易対立が本格化。2018年からフォードの中国市場の販売台数が減少していく。
  • 2021年度の純利益が179億ドル。これは、12%を出資する電気自動車メーカー「リヴィアン・オートモーティブ」の株式上場による評価益が関係。

Ford Motorの経営状況

フォードの財務状況の推移(2010年以降)
年度 総資産 負債総額 自己資本・純資産
[自己資本比率(%)]
2010年 1646.87億ドル 1653.29億ドル -6.42億ドル(債務超過)
[-0.4%]
2015年 2249.25億ドル 1962.68億ドル 286.57億ドル
[12.7%]
2020年 2672.61億ドル 2364.50億ドル 308.11億ドル
[11.5%]
2021年 2570.35億ドル 2084.13億ドル 486.22億ドル
[18.9%]

2010年度は債務超過。アメリカ政府に頼らず公募増資などで資金調達。そして復活に向かい、現在ではかなり財務基盤が強くなっている。

フォードは、1929年の世界恐慌、2008年の金融危機を乗り越えてきた名門なので、今後、そう簡単に倒産するような事はないはず。

保有ブランド

  • フォード(Ford・大衆車)
  • リンカーン(Lincoln・高級車)
  • マスタング(MUSTANG・スポーツタイプ)
  • フォードGT(スポーツカー)

3大市場の成績

アメリカ、ヨーロッパ、中国の3つの市場は、年間自動車販売数1000万台以上の巨大エリア。コロナ前2019年度の新車販売規模では、アメリカが1705万台、ヨーロッパが1575万台、中国が2576万台。

その重要な市場のフォードの売上成績を確認。

フォードのアメリカ、ヨーロッパ、中国の販売台数の推移
年度 アメリカ/販売台数
[米国シェア(%)]
ヨーロッパ/販売台数
[欧州シェア(%)]
中国/販売台数
[中国シェア(%)]
2017年 257万台
[14.9%]
158万台
[10.1%]
120万台
[4.1%]
2018年 248万台
[14.3%]
153万台
[9.8%]
75万台
[2.7%]
2019年 241万台
[14.1%]
139万台
[6.3%]
53万台
[2.1%]
2020年 204万台
[14.0%]
102万台
[5.7%]
61万台
[2.4%]
2021年 190万台
[12.6%]
89万台
[4.7%]
64万台
[2.4%]
  • フォードお膝元のアメリカでは2020年度のコロナ問題、2021年度の半導体不足などの影響があったが、そこそこ安定した売上台数を確保。米国シェアランキングではGM、トヨタと共にトップ3を維持。
  • ヨーロッパ市場では、年々シェア減少。販売不振により欧州生産を縮小中。
  • フォードは米中対立の影響で中国市場で極端な販売下落が続く。2017年と2018年度を比較すると45万台も販売台数を落とす。減少率は-36.9%。
  • 2017年1月に就任した米国トランプ政権以降の米中対立。中国による反米感情の高まりにより、比例してフォードやGMなどのアメリカ自動車メーカーも中国市場で不安定化。

また、フォードは、2021年中にブラジルでの自動車生産を終了することを発表。世界シェアが低迷しており、GMや日産、ホンダなどと同じようにフォードも数量を追うビジネスから方向転換。

規模が減っているため、将来的にどこかと経営統合といったニュースが出てくる可能性あり。

アメリカで売れる車

アメリカ市場では、フォードのピックアップトラック「F-Series」が売れ筋。画像参考。モデル別でアメリカトップレベルの売上台数をもつ。2021年度では72万台を販売。

Ford F-Series

車体幅が大きく燃費の悪いため日本では売れないが、アメリカでは大人気。

各国それぞれの売上台数

フォードの国別販売台数の推移
国・地域 2019年/販売台数 2020年/販売台数 2021年/販売台数
カナダ 28.9万台 21.0万台 23.3万台
イギリス 36.7万台 20.8万台 22.7万台
ドイツ 32.8万台 21.1万台 15.2万台
ブラジル 21.8万台 13.5万台 2.7万台
トルコ 4.7万台 10.2万台 7.2万台
オーストラリア 6.4万台 5.7万台 7.0万台
インド 7.3万台 4.6万台 3.4万台
ロシア 2.8万台 1.4万台 2.2万台
東南アジア 10.2万台 6.7万台 7.5万台

2021年にフォードはブラジル生産から撤退しているため、ブラジルの販売台数が著しく低下。

日本市場

フォードは2016年に日本市場から撤退。販売台数の低迷が理由だが、そもそもどのくらいフォード車が売れていたのか。2012年から2015年までの日本市場における新車販売台数の推移。

フォードの日本販売台数の推移(撤退の2015年まで)
2012年 2013年 2014年 2015年
3952台 4189台 4783台 4968台

フォードの4000万台~5000万台ほどの販売台数は、現在で比較すると、ステランティスグループとなった2021年度のフィアットブランド(イタリア)の6995台や、シトロエンブランド(フランス)の5894台よりも少ない。

日本の道路でフィアット車やシトロエン車を見るのは稀だが、フォードはそれよりも少なかった。撤退はやむを得ず。

2000年代の経営危機について

アメリカの自動車メーカーというと、2008年頃のリーマンショックが経営危機の原因のように思われているが、実はリーマンショック前から業績が悪化。フォードも同様。主な理由を簡潔まとめ。

  • 労組による度重なるストライキにより、人件費や福利厚生費(企業年金・医療費)の負担が大きくなっていた。
  • 当時、フォード従業員の賃金はアメリカの平均賃金の2倍レベル。時給70ドル前後。
  • 利益率が高いピックアップトラックに注力。しかし、それは燃費が悪いため、ガソリン価格が上昇するとトヨタやホンダ、日産などにシェアを奪われていく。
  • フォードは、販売台数を伸ばすため、ゼロ金利レベルの自動車ローン優遇措置をすすめるが、しだいにその金融サービスが不良債権化するようになる。
  • 2008年以降のリーマンショックで追い打ちをかけるようにさらに業績悪化。経営危機へ。

フォードの場合は、GMやクライスラーのような「経営破綻」とはなっていないが、当然ダメージは大きなものに。そして傘下企業の身売りをしていく事に。

フォードが金融危機で失った傘下企業

  • ボルボ(スウェーデン)を中国の吉利自動車に18億ドルで売却。(吉利グループは、メルセデスベンツグループの株式10%弱を強引に買い進めたパワフル企業)
  • マツダと資本提携解消。関係は1979年にフォードがマツダに25%出資してから。そして、マツダが経営難になった1996年に33.4%の経営権を保有。しかし、フォードの財務悪化により段階的に出資比率を下げ、2008年度は13.8%、2010年度には3.5%、2011年度には2.1%。そして、2015年度にマツダ株を全株売却。36年間の資本提携関係に終止符。

フォードは、GMと共に多くの業界パワーを失っている。この時期のアメリカでは、日本車、特にトヨタへの反発が強かった。

なお、マツダはその後、トヨタと資本関係を結んでいる。トヨタと合弁でアメリカに生産工場建設。

バッテリーEV戦略

フォードは、世界的に販売台数が減少し、業界における存在感が低下している。名門の輝きを取り戻すためなのか、今後は電気自動車で巻き返しを狙う模様。

  • 2022年3月、電気自動車(EV)事業をガソリン車事業から分離。独立採算制にすると発表。
  • 2025年までにEV投資額300億ドルを予定。
  • ヨーロッパ市場への販売は2030年までに全車EVにする目標。
  • 中核部品のバッテリーサプライヤーは韓国SKオンと合弁。(SKオンはSKイノベーションの車載電池部門が分社化して誕生)

バッテリーサプライヤーが韓国SKオン。バッテリー発火続きの韓国LGエナジーのようにならない事を願うしかない。フォードのような名門が韓国企業と共倒れになるような事があってはならない。

関連記事
最近の投稿
カテゴリー