世の中をポジティブ転換したい情報サイト

マツダの販売台数の推移と売上高・営業利益率・純利益の推移

業績推移, 自動車

MAZDAのロゴ

MAZDAの決算(通年)の売上推移

マツダの販売台数の推移と売上高・営業利益・純利益・利益率の業績推移
年度 売上高・収益
[自動車販売台数]
営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
1998年 2兆570億円
[102万台]
625億円
[3.0%]
387億円
[1.9%]
1999年 2兆1615億円
[101万台]
251億円
[1.1%]
261億円
[1.2%]
2000年 2兆158億円
[96万台]
-149億円(赤字)
[-0.7%]
-1552億円(赤字)
[-7.7%]
2001年 2兆949億円
[94万台]
285億円
[1.4%]
88億円
[0.4%]
2002年 2兆3645億円
[101万台]
506億円
[2.1%]
241億円
[1.0%]
2003年 2兆9161億円
[122万台]
701億円
[2.4%]
339億円
[1.2%]
2004年 2兆6955億円
[110万台]
829億円
[3.1%]
457億円
[1.7%]
2005年 2兆9198億円
[114万台]
1234億円
[4.2%]
667億円
[2.3%]
2006年 3兆2474億円
[130万台]
1585億円
[4.9%]
737億円
[2.3%]
2007年 3兆4757億円
[136万台]
1621億円
[4.7%]
918億円
[2.6%]
2008年 2兆5359億円
[126万台]
-283億円(赤字)
[-1.1%]
-714億円(赤字)
[-2.8%]
2009年 2兆1639億円
[119万台]
94億円
[0.4%]
-64億円(赤字)
[-0.3%]
2010年 2兆3256億円
[127万台]
238億円
[1.0%]
-600億円(赤字)
[-2.6%]
2011年 2兆330億円
[124万台]
-387億円(赤字)
[-1.9%]
-1077億円(赤字)
[-5.3%]
2012年 2兆2052億円
[123万台]
539億円
[2.4%]
343億円
[1.5%]
2013年 2兆6922億円
[133万台]
1821億円
[6.8%]
1356億円
[5.0%]
2014年 3兆338億円
[139万台]
2028億円
[6.7%]
1588億円
[5.2%]
2015年 3兆4066億円
[153万台]
2267億円
[6.6%]
1344億円
[3.9%]
2016年 3兆2143億円
[156万台]
1256億円
[3.9%]
937億円
[2.9%]
2017年 3兆4740億円
[163万台]
1464億円
[4.2%]
1120億円
[3.2%]
2018年 3兆5646億円
[156万台]
830億円
[2.3%]
634億円
[1.8%]
2019年 3兆4302億円
[141万台]
436億円
[1.2%]
121億円
[0.3%]
2020年 2兆8820億円
[128万台]
88億円
[0.3%]
-316億円(赤字)
[-1.1%]
2021年 3兆1203億円
[125万台]
1042億円
[3.3%]
815億円
[2.6%]
出所:MAZDA
  • マツダはバブル崩壊後、経営不振が長く続き、1996年に米国フォード傘下(出資比率33.4%)となる。
  • 赤字を出さない事と希少性の戦略があるため、1998年から2021年まで大きな成長がない。
  • マツダは輸出依存度が高いため、為替(円高)の影響を受けやすく、2008年から2011年の急激な円高の時は、純利益が黒字化しなかった。
  • 2013年のアベノミクス以降は、営業利益と純利益、ともに黒字を確保。この時期は世界的に赤字を出す自動車メーカーはほとんどなかった。
  • 2020年度の最終赤字はコロナの影響。世界的にマツダ車への需要は強く、悲観するような赤字ではない。
  • マツダは利益率の高いSUVに注力し、製造も超合理的である事が、規模が必要な自動車業界で、小さな規模のマツダが戦える理由。

MAZDAの経営軌跡

マツダの財務の推移(2000年以降)
年度 総資産 負債総額 自己資本・純資産
[自己資本比率(%)]
2000年 1兆7436億円 1兆5848億円 1588億円
[9.1%]
2010年 1兆7717億円 1兆3412億円 4305億円
[24.2%]
2020年 2兆9174億円 1兆7216億円 1兆1958億円
[40.5%]
2021年 2兆9681億円 1兆6515億円 1兆3166億円
[43.8%]
  • 2000年の自己資本比率は9.1%。「将来的にマツダは資本提携先のフォードに買収されて完全子会社になるのでは?」といわれていた時期。
  • 経営を立て直し、2010年には自己資本比率24.2%へ。
  • その後、自己資本比率40%前後を規律として、安定的にコツコツと会社を大きくしている。

フォードとの資本提携解消からトヨタとの提携まで

1979年米国フォードがマツダに25%出資。
1996年バブル崩壊以降の1996年、フォードは経営難に陥っていたマツダの株式33.4%を取得。経営権を確保。
2006年フォードの経営が悪化するようになり、マツダ株の売却に向かう。
2008年フォードが所有するマツダ株を13.8%に引き下げ。(アメリカ金融危機がきっかけ)
2010年マツダ株の出資比率3.5%に引き下げ。
2011年マツダ株の出資比率2.1%に引き下げ。
2015年フォードが所有するマツダ株を全株売却。36年間の資本提携関係の終焉。
2017年トヨタとマツダの資本提携。株式を相互で持ち合い、トヨタはマツダ株の5.05%、 マツダはトヨタ株の0.25%を取得。

トヨタとマツダの技術提携により、マツダはトヨタのハイブリッドシステムを採用する事に。また、アメリカで合弁生産も。

日本勢の自動車業界におけるスケールメリットが広がっている。日本経済にプラスに働く。

MAZDAのビッグ3市場の成績

マツダのアメリカ、ヨーロッパ、中国の販売台数の推移
年度 アメリカ販売台数
[米国シェア(%)]
ヨーロッパ販売台数
[欧州シェア(%)]
中国販売台数
[中国シェア(%)]
2017年 30.4万台
[1.8%]
26.9万台
[1.7%]
32.2万台
[1.1%]
2018年 28.7万台
[1.7%]
27.0万台
[1.7%]
24.7万台
[0.9%]
2019年 27.5万台
[1.6%]
26.4万台
[1.7%]
21.2万台
[0.8%]
2020年 29.5万台
[2.0%]
17.8万台
[1.5%]
22.8万台
[0.9%]
2021年 33.2万台
[2.2%]
19.0万台
[1.6%]
17.0万台
[0.6%]
出所:マツダ
  • 北米や欧州市場は、マツダの販売依存度が高いエリア。ドル安やユーロ安などが困る理由。
  • アメリカやヨーロッパでは、マツダのブランド力が上がっており、値下げ販売しなくても勝負できるようになっている。
  • 生産拠点もある中国の販売台数シェアは1%前後と低いが「希少性」がマツダのブランド戦略の一つなので問題なし。

日本市場の成績

新車販売が年間500万台前後の自動車市場をもつ日本。マツダの日本市場の成績をグローバル販売台数と比較しながら確認。

MAZDAの世界売上台数に対する日本市場の生産台数、販売台数、輸出台数の推移
年度 世界販売台数
[世界シェア(%)]
日本生産台数 日本販売台数
[日本シェア(%)]
輸出台数
2017年 163万台
[1.7%]
98万台 21万台
[4.0%]
82万台
2018年 156万台
[1.6%]
101万台 21万台
[4.0%]
83万台
2019年 141万台
[1.6%]
97万台 20万台
[4.0%]
80万台
2020年 128万台
[1.6%]
74万台 17万台
[3.7%]
61万台
2021年 125万台
[1.5%]
69万台 14万台
[3.3%]
58万台
  • マツダの世界シェアは1.5%~1.7%ほど。
  • 全体販売数の60%前後を日本国内で生産。他はタイ、中国、ベトナム、アメリカなど。
  • 日本の販売台数は20万台前後、市場シェアは3%~4%。
  • 国内生産の7~8割が外国へ輸出。輸出依存度は国内トップクラス。
  • 巨大市場であるアメリカやヨーロッパなどが保護主義的な政策を示すようになり、輸出依存度が高いマツダには不安感が強い。
  • 2017年にトヨタと資本提携し、トヨタのハイブリッドシステムを採用したクルマを2022年から発売していくため、今後、日本を含むグローバル販売台数は上がっていく事が予想できる。
関連記事
最近の投稿
カテゴリー