世の中をポジティブ転換したい情報サイト
  • ポジテン
  • hatenaブックマーク
ファイザーのロゴ

ファイザーの業績推移:売上高・営業利益率・純利益・財務状況

Pfizerの連結決算:通年の売上推移

ファイザーの業績推移:売上高・営業利益・純利益・利益率の推移
年度 売上高・収益 営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
2000年 259.58億ドル 54.71億ドル
[21.1%]
37.26億ドル
[14.4%]
2001年 289.47億ドル 99.63億ドル
[34.4%]
77.88億ドル
[26.9%]
2002年 297.58億ドル 112.69億ドル
[37.9%]
91.26億ドル
[30.7%]
2003年 447.36億ドル 32.46億ドル
[7.3%]
39.10億ドル
[8.7%]
2004年 525.16億ドル 140.07億ドル
[26.7%]
113.61億ドル
[21.6%]
2005年 512.98億ドル 115.34億ドル
[22.5%]
80.85億ドル
[15.8%]
2006年 483.71億ドル 130.28億ドル
[26.9%]
193.37億ドル
[40.0%]
2007年 484.18億ドル 92.78億ドル
[19.2%]
81.44億ドル
[16.8%]
2008年 482.96億ドル 80.49億ドル
[16.7%]
81.04億ドル
[16.8%]
2009年 500.09億ドル 86.30億ドル
[17.3%]
86.35億ドル
[17.3%]
2010年 651.65億ドル 134.12億ドル
[20.6%]
82.57億ドル
[12.6%]
2011年 610.35億ドル 139.67億ドル
[22.9%]
100.09億ドル
[16.4%]
2012年 546.57億ドル 152.64億ドル
[27.9%]
145.70億ドル
[26.7%]
2013年 515.84億ドル 151.84億ドル
[29.4%]
220.03億ドル
[42.7%]
2014年 496.05億ドル 132.49億ドル
[26.7%]
91.35億ドル
[18.4%]
2015年 488.51億ドル 118.24億ドル
[24.2%]
69.60億ドル
[14.2%]
2016年 528.24億ドル 121.45億ドル
[23.0%]
72.15億ドル
[13.7%]
2017年 525.46億ドル 137.22億ドル
[26.1%]
213.08億ドル
[40.6%]
2018年 408.25億ドル 56.72億ドル
[13.9%]
111.53億ドル
[27.3%]
2019年 409.05億ドル 67.10億ドル
[16.4%]
160.26億ドル
[39.2%]
2020年 416.51億ドル 82.50億ドル
[19.8%]
91.59億ドル
[22.0%]
2021年 812.88億ドル 194.33億ドル
[23.9%]
219.79億ドル
[27.0%]
2022年 1003.30億ドル 349.44億ドル
[34.8%]
313.72億ドル
[31.3%]
出所:ファイザー。本決算期は12月末。
ファイザーの2000年から2022年までの営業利益率の平均が23.5%。比較として、イーライリリーの1999年から2022年までの営業利益率の平均が21.5%。
  • 1849年、ニューヨークでファイザー設立。
  • 1949年、抗生物質「テラマイシン」の開発で世界的な創薬メーカーとしての成功を築く。
  • 1953年、田辺製薬(現在の田辺三菱製薬)との合弁のもとで日本進出。1989年に米国ファイザーの完全子会社化へ。
  • 1990年代に、高脂血症薬「リピトール」、抗うつ薬「ゾロフト」、勃起不全薬「バイアグラ」、非ステロイド性抗炎症剤「セレブレックス」などの成功により、世界トップの製薬メーカーへ成長。
  • 2021年と2022年は、ファイザー製コロナワクチンの世界的需要増加により、売上が急増。コロナワクチンだけで、2021年は367.81億ドル、2022年度は378.06億ドルを売上。
  • コロナ特需前の2018年~2019年の業績がファイザーの実態。売上高が低迷しており、将来性に不安を抱える。
  • 会社規模のわりに、新薬の自社開発が上手くいっていないとされる。
  • 今後、次世代がん治療向けのバイオ医薬品に注力していく見通し。
スポンサーリンク

Pfizerの財政・経営状況

ファイザーの財務状況の推移:総資産・純資産・自己資本比率の推移
年度 総資産
[現金・手元資金]
負債総額
[有利子負債]
自己資本・純資産
[自己資本比率(%)]
2005年 1175.65億ドル
[222.26億ドル]
519.38億ドル
[179.36億ドル]
656.27億ドル
[55.8%]
2010年 1950.14億ドル
[280.12億ドル]
1067.49億ドル
[384.10億ドル]
882.65億ドル
[45.3%]
2015年 1673.81億ドル
[232.90億ドル]
1023.84億ドル
[389.78億ドル]
649.98億ドル
[38.8%]
2020年 1542.29億ドル
[122.23億ドル]
907.56億ドル
[398.36億ドル]
634.73億ドル
[41.2%]
2021年 1814.76億ドル
[310.69億ドル]
1040.13億ドル
[384.36億ドル]
774.62億ドル
[42.7%]
2022年 1972.05億ドル
[227.32億ドル]
1012.88億ドル
[358.29億ドル]
959.16億ドル
[48.6%]
出所:ファイザー
  • 2022年時点のファイザーの財務的な問題はなし。
  • 新薬の開発が滞っており、また、売上をもたらす主力医薬品(エリキュース、イブランスなど)の特許切れが迫っているため、近年は株主還元よりも財務の安定化に向かっているところがある。
  • 2023年12月時点のファイザーの株式時価総額は1514億ドル。比較として、米国メルクは2663億ドル、米国イーライリリーは創薬メーカー世界トップの5377億ドル。

Pfizerの連結社員数の推移

米ファイザーの連結従業員数の推移
2010年 2015年 2020年 2022年
11万600人 9万7900人 7万8500人 8万3000人
出所:ファイザー
  • 業績低迷により、世界中の開発拠点で従業員のリストラ傾向。
  • 2022年度のファイザーのグローバル従業員数は8万3000人。同業との比較として、米国メルクが6万9000人、米国アッヴィが5万人、米国イーライリリーが3万9000人、武田薬品が4万9000人。

近年の大型買収

2009年米ワイス社を680億ドルで買収。
2015年アイルランドのアラガン社を1600億ドルで買収。
2023年標的がん治療に強みをもつ米シージェンを430億ドルで買収すると発表。

スポンサーリンク

医薬品別の収益構造

ファイザーの製品別の売上内訳
医薬品 2021年/売上高
[売上比率(%)]
2022年/売上高
[売上比率(%)]
コミナティ
(コロナワクチン)
367.81億ドル
[45.2%]
378.06億ドル
[37.7%]
パキロビット
(抗ウイルス剤)
0.76億ドル
[0.1%]
189.33億ドル
[18.9%]
エリキュース
(抗血液凝固剤)
59.70億ドル
[7.3%]
64.80億ドル
[6.5%]
プレベナー
(肺炎球菌ワクチン)
52.72億ドル
[6.5%]
63.37億ドル
[6.3%]
イブランス
(乳がん治療薬)
54.37億ドル
[6.7%]
51.20億ドル
[5.1%]
ビンダケル
(TTR型アミロイドーシス薬)
20.15億ドル
[2.5%]
24.47億ドル
[2.4%]
ゼルヤンツ
(免疫抑制剤)
24.55億ドル
[3.0%]
17.96億ドル
[1.8%]
イクスタンジ
(アンドロゲン受容体拮抗薬)
11.85億ドル
[1.5%]
11.98億ドル
[1.2%]
インライタ
(抗悪性腫瘍剤)
10.02億ドル
[1.2%]
10.03億ドル
[1.0%]
出所:ファイザー
  • 2021年-2022年は、コロナワクチン特需で売上急増。
  • 2022年度は、コロナ感染者(患者)に対する治療薬としてパキロビットの需要が急増。189.33億ドルを売上。
  • 抗凝固薬「エリキュース」の特許切れが2026年、アメリカでは2028年に迫る。
  • 肺炎球菌薬「プレベナー」の特許切れが2026年。
  • 乳がん治療薬「イブランス」の特許切れが2027年。
  • ファイザーは売上が多い主力製品の特許切れの問題を多く抱える。加えて新薬開発について明るいニュースが少ない事も株価が低迷している理由。

国内と外国への売上比率

ファイザーの海外売上比率の推移
国/地域 2016年/売上高
[全体比(%)]
2019年/売上高
[全体比(%)]
2022年/売上高
[全体比(%)]
アメリカ 263.69億ドル
[49.9%]
238.52億ドル
[58.3%]
424.73億ドル
[42.3%]
ヨーロッパ 264.55億ドル
[50.1%]
87.01億ドル
[21.3%]
219.82億ドル
[21.9%]
ほか先進国 64.65億ドル
[15.8%]
157.78億ドル
[15.7%]
新興国 127.33億ドル
[31.1%]
200.97億ドル
[20.0%]
出所:ファイザー
  • アメリカは肥満からもたらされる生活習慣病により、薬をよく飲むお国柄がある。製薬メーカーのプロパガンダの影響もあり。
スポンサーリンク

あの有名製品の特許切れについて

バイアグラ

勃起不全/ED治療薬。一般成分名はシルデナフィル。2013年~2014年までに欧米や日本で特許切れ。日本では後発品「シルデナフィル錠」として、医療機関で安く購入できるようになっている。(保険適用外)。

なお、バイアグラの登場によって勃起不全に悩む中年~高齢男性の強い味方になってくれるアイテムとなったが、これにより高齢男性が子供をもうける割合が増加したなどというデータは証明されておらず。

セレブレックス

非ステロイド性消炎鎮痛剤。一般成分名はセレコキシブ。2014年にアメリカやヨーロッパで特許切れ。日本でも2019年に特許切れ。後発品登場により、慢性的な腰痛・関節痛などに悩む人が安く使用できるように。(保険適応)

セレコキシブは、ロキソニンやイブプロフェンなどで問題となる胃粘膜や腸粘膜への副作用が少ない。そのため、痛みや炎症を伴う症状に対して広く長く使用される傾向があり、常用している人が多い。製薬メーカー側から言えば、長く売上をもたらす医薬品となる。

そのため、ファイザーは2019年に日本で特許が切れた後はジェネリック市場に参入し、全く同じ製品を後発品として販売中。しかし、薬価がかなり低く定められたため、収益性が低いのが難点。

なお、筆者の2022年頃の調べでは、薬局側はセレコキシブというと慣性的にファイザーの後発品を扱っている所が多かった。「ひとまず同じモノを」「患者さんが慣れているモノを」などの回答が多かった。

セレコキシブのジェネリックに参入している日本メーカーは、ニプロ、日医工、第一三共、沢井、キョーリン、東和、日新、陽進堂などかなり多いが、今後、医療機関に対する営業力を高めたいところ。

スポンサーリンク

世界の医薬品メーカーの研究開発費

ファイザーを含むグローバル製薬メーカーの研究開発費推移
企業 2010年/研究開発費
[総売上に対する割合(%)]
2015年/研究開発費
[総売上に対する割合(%)]
2022年/研究開発費
[総売上に対する割合(%)]
ファイザー
(米国)
94.13億ドル
[13.9%]
76.91億ドル
[15.7%]
114.30億ドル
[11.4%]
メルク
(米国)
111.11億ドル
[24.2%]
67.04億ドル
[17.0%]
135.48億ドル
[22.9%]
アッヴィ
(米国)
24.95億ドル
[16.0%]
42.85億ドル
[18.7%]
65.10億ドル
[11.2%]
イーライリリー
(米国)
48.84億ドル
[21.2%]
47.96億ドル
[24.0%]
71.90億ドル
[25.2%]
ロシュ
(スイス)
90.50億スイスフラン
[19.1%]
93.32億スイスフラン
[19.4%]
140.53億スイスフラン
[22.2%]
ノバルティス
(スイス)
90.70億ドル
[17.6%]
89.35億ドル
[18.1%]
99.96億ドル
[19.8%]
武田薬品
(日本)
2889億円
[20.4%]
3459億円
[19.1%]
6333億円
[15.7%]
出所:各メーカーの決算報告。
  • 2022年度のファイザーは、コロナワクチンやバイオ医薬品向けの開発で、通常よりも研究開発費が上がっている。
  • 新薬を確保しないと、特許切れが続く2026年頃からメガファーマグループから脱落する可能性アリ。
スポンサーリンク
関連記事
最近の投稿
カテゴリー