世の中をポジティブ転換したい情報サイト

TDKの業績推移:売上高・営業利益率・純利益・財務状況の推移

業績推移

TDKのロゴ

TDKの決算(通年)の売上推移

TDKの業績推移:売上高・営業利益・純利益・利益率の推移
年度 売上高・収益 営業利益
[営業利益率(%)]
純利益・最終損益
[純利益率(%)]
2000年 6899億円 563億円
[8.2%]
439億円
[6.4%]
2001年 5705億円 -437億円(赤字)
[-7.7%]
-257億円(赤字)
[-4.5%]
2002年 6088億円 220億円
[3.6%]
120億円
[2.0%]
2003年 6557億円 565億円
[8.6%]
421億円
[6.4%]
2004年 6578億円 598億円
[9.1%]
333億円
[5.1%]
2005年 7951億円 605億円
[7.6%]
441億円
[5.5%]
2006年 8620億円 495億円
[5.7%]
701億円
[8.1%]
2007年 8662億円 871億円
[10.1%]
714億円
[8.2%]
2008年 7274億円 -543億円(赤字)
[-7.5%]
-637億円(赤字)
[-8.8%]
2009年 8088億円 257億円
[3.2%]
135億円
[1.7%]
2010年 8757億円 638億円
[7.3%]
452億円
[5.2%]
2011年 8144億円 186億円
[2.3%]
-24億円(赤字)
[-0.2%]
2012年 8515億円 216億円
[2.5%]
11億円
[0.1%]
2013年 9845億円 366億円
[3.7%]
162億円
[1.6%]
2014年 1兆825億円 724億円
[6.7%]
494億円
[4.6%]
2015年 1兆1522億円 934億円
[8.1%]
648億円
[5.6%]
2016年 1兆1782億円 2086億円
[17.7%]
1450億円
[12.3%]
2017年 1兆2717億円 896億円
[7.0%]
634億円
[5.0%]
2018年 1兆3818億円 1078億円
[7.8%]
822億円
[5.9%]
2019年 1兆3405億円 978億円
[7.3%]
577億円
[4.3%]
2020年 1兆4970億円 1115億円
[7.4%]
793億円
[5.3%]
2021年 1兆9021億円 1667億円
[8.8%]
1775億円
[9.3%]
出所:TDK決算短信
  • 2000年と2020年を比較すると売上高は2.2倍。比較として、部品業界のライバルである京セラが1.2倍、村田製作所が4.1倍。
  • TDKの2000年から2021年までの営業利益率の平均は5.8%。比較として、ライバルの京セラが8.0%、村田製作所が14.9%。
  • 2001年の最終赤字は、ITバブル崩壊の影響が大きい。
  • 東日本大震災の年を乗り越えた2012年以降は、営業利益と純利益ともに赤字なし。
  • 2011年~2012年の最終損益の悪化は、2011年のユーロ危機や東日本大震災の市況悪化により、人員リストラや工場閉鎖などを実行した事が要因。
  • かつてのTDKは、カセットテープやビデオテープが売上高の多くを占めていたが、それらの販売が低下した今では、得意分野を伸ばしたり、M&Aにより上手く事業拡大。
  • TDKの業績は、モバイル向けバッテリーを手掛けるATL(完全子会社)の利益依存度が高い。

経営と財政状況

TDKの財務の推移(2000年以降)
年度 総資産 負債総額
[有利子負債]
自己資本・純資産
[自己資本比率(%)]
2000年 8201億円 1789億円 6412億円
[78.2%]
2005年 9235億円 2071億円 7024億円
[76.0%]
2010年 1兆608億円 5211億円 5397億円
[50.9%]
2015年 1兆4505億円 7659億円 6846億円
[47.1%]
2020年 2兆3596億円 1兆4007億円
[5216億円]
9589億円
[40.6%]
2021年 3兆416億円 1兆7413億円
[6383億円]
1兆3003億円
[42.8%]
  • 2000年と2020年を比較すると資産規模は2.9倍に拡大。比較として、競合の京セラは約2.0倍、村田製作所は約2.9倍。
  • TDKには自己資本比率40%前後を目安とした財務規律がある。
  • 2021年度の有利子負債は6383億円。TDKの業績を考慮すれば問題ないレベル。

セグメント別の売上

製品別売上高
製品 2019年
[全体比率(%)]
2020年
[全体比率(%)]
2021年
[全体比率(%)]
受動部品
(コンデンサなど)
3955億円
[29.0%]
4071億円
[27.5%]
5052億円
[26.6%]
センサ応用製品
(磁気センサなど)
779億円
[5.7%]
813億円
[5.5%]
1308億円
[6.9%]
磁気応用製品
(HDDヘッドなど)
2196億円
[16.1%]
1993億円
[13.5%]
2484億円
[13.1%]
エナジー応用製品
(主にバッテリー)
5977億円
[43.9%]
7402億円
[50.0%]
9653億円
[50.7%]
その他 722億円
[5.3%]
511億円
[3.5%]
524億円
[2.7%]
合計 1兆3630億円
[100%]
1兆4790億円
[100%]
1兆9021億円
[100%]
海外売上高 1兆2526億円
[91.9%]
1兆3618億円
[92.1%]
1兆7531億円
[92.2%]
  • 受動部品……積層セラミックコンデンサ(MLCC)、フェライトコア、コイル、インダクタ、高周波部品、圧電材料部品、回路保護部品など。
  • センサ応用製品……磁気センサ、MEMSセンサ、温度・圧力センサなど。
  • 磁気応用製品……ハードディスクドライブ(HDD)用の磁気ヘッド部品、フェライト磁石、ネオジム磁石など。
  • エナジー応用製品……スマートフォン、タブレット、ノートパソコン向けバッテリー(香港の完全子会社ATL)
  • その他……半導体製造装置、フリップチップ実装システムなど。

R&D

TDKの研究開発費の推移(2015年以降)
2015年 2017年 2019年 2021年
849億円 1034億円 1175億円 1652億円

近年は主にセンサ関連の開発を強化。

外国製造率

TDKの海外生産比率の推移(2015年以降)
2015年 2017年 2019年 2021年
86.3% 84.5% 84.4% 89.0%

8割から9割ほどが外国で生産。残りが国内生産。

社員数

TDKの従業員数の推移(2015年以降)
2015年 2017年 2019年 2021年
9万1648人 10万2883人 10万7138人 11万6808人

2021年度のTDKの従業員数11万6808人。比較として、部品メーカー競合の京セラは83001人、村田製作所は77581人。

バッテリーのATLは神様

TDKの利益の多くはバッテリー事業が占めるが、そのほとんどは完全子会社のALT(アンプレックステクノロジー)によるもの。

香港駐在のTDKの従業員たちが起ち上げたATLを、2005年にTDKが107億円で買収。Apple「iPod」のサプライヤー入りがきっかけで、現在はスマートフォンやタブレット向けに信頼性の高いバッテリーを量販し、市場トップシェア。

アップル「iPhone」バッテリーの第一サプライヤーであり、韓国のサムスンや中国のシャオミ、OPPOなどにも供給。以下のシェアを確認。

スマホ・タブレット向けバッテリー数量シェア(2017年)
1位ATL(TDK) 27%
2位サムスンSDI 15%
3位LGエナジー 14%
4位BYD 10%
5位村田製作所 5%
6位その他 28%
出所:テクノ・システム・リサーチ

今後もATLの利益は安泰と言える理由は以下。

  • バッテリー発火の問題がなく、超大口顧客のアップルから完全に信頼を勝ち取っている事。アップル以外のメーカーも同様。
  • アップルはサプライヤーが特定の企業や国に偏るのを嫌うため、米中対立が背景にある中国や、ライバルの韓国サムスンSDIなどよりも日本のTDK子会社ATLを優先。
  • スマートフォン市場は販売台数が減少中で、バッテリーメーカー各社は大規模な投資を控えているため、今後もこのままのトップシェアを維持し続ける事ができる。

バイク向けバッテリーの強化

2022年6月、TDKは中国の車載バッテリー大手のCATLと合弁会社2社を設立。(CATLは、TDKの完全子会社のATLから派生した中国メーカー)

合弁は「バッテリーセル事業会社(TDK出資比率30%)」と「バッテリーパッケージ事業会社(TDK出資比率70%)」の2社で、家庭用や産業用の蓄電システムや電動バイク(二輪車)向けのリチウム電池の開発・製造・販売の拡大を目指す。

バッテリーセルの方が中核なので、CATLに主導権があるような形といえるが、そのCATLは2022年度で世界ダントツトップの車載バッテリーメーカーであり、そのメーカーと関係を築いて利益をシェアしていける事は大きい。

また、TDKは成長分野であるEV向けのセンサや積層セラコンなどの電子部品、車載用充電器製品などにおいてもCATLと協力関係を強化するとしている。

EV向け積層セラコンの増産

脱炭素社会に向けて電気自動車の需要が高まる中、TDKは積層セラミックコンデンサーの増産のため、岩手県北上市に工場を増設。2011年に積層セラコン事業の大規模リストラを実行した歴史があるが、再び生産確保に動く。

競合の村田製作所や太陽誘電、韓国のサムスンなども増産に動いており、TDKだけ止まっているわけにはいかない。

積層セラミックコンデンサーはTDKの得意分野。ノートパソコン1台あたり約700個、スマホには約800~1000個ほど必要とされ、電気自動車には1ケタ多い約1万個ほど必要。

2021年度はEV市場の急拡大により、TDKのコンデンサの売上が急増。(コロナ巣篭り需要の影響もある)

TDKのコンデンサの売上高推移(2011年以降)
2011年 2013年 2015年 2017年
1324億円
[16.3%]
1396億円
[14.2%]
1504億円
[13.1%]
1570億円
[12.3%]
2019年 2021年
1539億円
[11.3%]
1981億円
[10.4%]
[]内は売上高全体に対する割合。コンデンサの種類は、積層セラミックコンデンサ、アルミ電解コンデンサ、フィルムコンデンサなど。
積層セラミックコンデンサーのシェア(2017年)
1位村田製作所 45%
2位サムスン電機 21%
3位太陽誘電 15%
4位TDK 9%
5位YAGEO(台湾) 6%
6位京セラ 4%

TDKの積層セラコン事業は、将来的に販売台数の減少が見込まれるスマートフォン向けの依存度が低い。

多くの割合が自動車や産業機械向けに供給しており、受動部品という部類に分けると、7割以上が自動車・産業機械向けで、特に高い信頼性が求められる車載向けの積層セラコンのシェアが高い。付加価値が高い製品で利益を確保したいところ。

世界陸上メインスポンサー

やはりTDKを語るうえで外せないのが世界陸上。カセットテープやビデオテープの販売が好調な時代、世界的なブランド力の向上を目的として1983年から世界陸上のメインスポンサーに。

TDKは世界陸上のスポンサー

現在はカセットテープなどの消費者向けビジネスが縮小し、ほとんどが企業間(BtoB)ビジネスが中心となっているが、それでも世界陸上スポンサーは継続。

「なぜ今でも?」と思うところだが、TDKは電子部品メーカーとして世界中の多くのメーカーと関わっているため、企業向けのアピールとして世界陸上のスポンサーを続けているのかもしれない。

TDKのような部品メーカーは、多くの雇用をもたらし、さらに世界中の多くの企業との「つながり」を増やす。TDKや京セラ、村田製作所などの世界的な部品メーカーは、日本経済にとって偉大な存在という事。

関連記事
最近の投稿
カテゴリー